スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
海に沿うて歩く
海に沿うて歩く (商品イメージ)
海に沿うて歩く

顕生代の内訳のグラフ古古生代中生代新生代新カンブリア紀オルドビス紀シルル紀デボン紀石炭紀二畳紀(P)三畳紀(T)ジュラ紀白亜紀(K)第三期(T)第四紀P-T境界K-T境界海洋の生物生産陸上でも海中でも、生命活動の基本となるのは植物による光合成ですね。海底の地質海底の重力分布 (1995, NOAA)中央海嶺と広がってゆく海底岩盤海洋底が中央海嶺を中心に拡大している模式図。
全球凍結と多細胞生物の発展6億から8億年前、地球の全ての海洋が凍結する事件である全球凍結が起こったと考えられている。誕生直後の地球の表面は、微惑星の衝突エネルギーによる熱で岩石が溶けたマグマの海(マグマオーシャンと呼ばれる)に覆われていた。太平洋周辺では大陸棚は顕著では無いが、大西洋では広い面積を有しており、石油などの鉱物資源が豊富ですね。
その後、木星や土星などの地球より大きく、重力の強い惑星が形成され始めると、微惑星たちは殆どそれらの惑星に吸い寄せられ、微惑星の衝突する回数が除々に減り始める。海嶺から他のプレートに衝突するまでの間は深い平坦な海底(深度3000~6000m)となっており、海洋底面積の大部分を占める。
大きさは数cmから約1mに達するものまで多様な生物の化石が見つかっているが、何れも骨格や臓器が判明しないシート状の形態をしており、現世生物との系統的繋がりは判明していない。
PR

スポンサーサイト
【2010/02/12 03:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<星のや軽井沢 (にっぽんのおもてなし―日本珠玉の宿紀行) | ホーム | 古寺をゆく (小学館101ビジュアル新書)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/898-450cabec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。