スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
古寺をゆく (小学館101ビジュアル新書)
古寺をゆく (小学館101ビジュアル新書) (商品イメージ)
古寺をゆく (小学館101ビジュアル新書)

本書によれば、作家の司馬遼太郎は「無垢(むく)の困惑ともいうべき神秘的な表情」と表現したという。阿修羅像は、わが国の仏像芸術の最高峰といわれる。豊富なカラー写真を使い、五重塔や仏像など創建1300年の古刹(こさつ)の魅力を存分に伝えている。中でも多くのページを割いているのが阿修羅像。
bk1Expressこの著者の新着情報メールを受け取る作家マップこの著者の本を見た人が見た他の著者をマップで一覧できちゃいます。書評 作家マップこの本を見た人が見た他の著者をマップで一覧できちゃいます。表情のアップ、背面などあらゆる角度でとらえたカラー写真が美しい。
PR

スポンサーサイト
【2010/02/11 03:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<海に沿うて歩く | ホーム | ダムはいらない! 新・日本の川を旅する>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/897-21878d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。