スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
晴れた日は巨大仏を見に
晴れた日は巨大仏を見に (商品イメージ)
晴れた日は巨大仏を見に
6月に出版された宮田珠己著「晴れた日は巨大仏を見に」(つい最近「王様のブランチ」でも紹介されてました)を読んで、早速巨大仏のことが気になり出した。仏像本としては「見仏記」が有名ですが、そちらの著者二人(みうらじゅん、いとうせいこう両氏)が大推薦しているくらいですので、内容も保証付きでしょう。
中山の観音様は、おもいっきり生活の場であるニュータウンに、非日常として存在し、周りの住民はそれに気づかないかのように日常生活を送っている。どれもこれもほぼ同じ様なものを書くとあっては、1体目は兎も角(とは言っても既に関係のない手賀沼のスワンボートについて書いているが)後になるにしたがって、廃墟だの台湾の巨大仏だのの記述が多くなってくる。
ぬうっとした存在で、日常の中に人の形をした100メートルを越える大きさの建造物と言う非日常が、「そのまま」の風景としてそこに存在している。しかも、手前の景色は動くのに、そいつは手前の住宅の屋根のむこうを、電車といっしょに移動している。なんでも聞くところによると、『ユートピア加賀の郷』は、寺と温泉が合体した仏教テーマパークだそうですね。
加賀大観音へは、小松空港からバスでJR小松駅へ出、そこから北陸本線に乗っていく。
スポンサーサイト
【2007/06/16 01:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<鎌倉、歩きたくなる小路 | ホーム | 沖縄・離島バイブル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/88-a52f1efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。