スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
沖縄へでかけよう ’10最新版 (マップルマガジン 沖縄 3)
沖縄へでかけよう ’10最新版 (マップルマガジン 沖縄 3) (商品イメージ)
沖縄へでかけよう ’10最新版 (マップルマガジン 沖縄 3)

1998年に初版が刊行され、今回新たに120項目を加えた「最新版沖縄コンパクト事典」を、最初の「アーサ汁」から最後の「ンムクジ料理」まで(食べ物関係なのは偶然)3400余(1項目150字前後)の項目の中から拾い読みしつつ考えてみた。「おばぁブーム長寿県の沖縄を代表する70年代~80年代の健康で元気なお年寄りをおばぁとか、おじぃと親しみを込めて呼ぶ。
沖縄の歴史の多重性を見事に表しているではないか。我々は沖縄を小項目主義的立場で細分化することによってのみ「沖縄とは何か?」という問いかけにほほ笑むことが出来る。その対極として、じゃらーんと出版されたのが、89年m~、ソフトな「事典」形式は、ひとつの地域としては異例ともいえるほどの種類が出ている。
その手の本となると、当然1983年の「沖縄大百科事典」(沖縄タイムス社)がどーんと大きな山としてある。週刊レキオの連載『おばぁが笑ってV(ブイ)』の面白さが、ブームの火付け役。今や「沖縄とは何か?」という問いかけに誰もがスパッと答えるようなことはしないし、できない。
ちょっと羅列してみると「沖縄いろいろ事典」「沖縄を知る事典」「沖縄ぬちぐすい事典」などなど。
PR

スポンサーサイト
【2009/11/21 02:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<タビリエ 鎌倉 (タビリエ (9)) | ホーム | おんなひとりの鉄道旅 西日本編 (小学館文庫)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/818-bb46b6b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。