スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
江戸アルキ帖 (新潮文庫)
江戸アルキ帖 (新潮文庫) (商品イメージ)
江戸アルキ帖 (新潮文庫)

以来、一貫して江戸風俗を題材にした作品を描き、1984(昭和59)年『合葬』で日本漫画家協会賞優秀賞、1988年『風流江戸雀』で文藝春秋漫画賞を受賞。前置きなしですが、いつの間にやらタイムマシンが開発されていて、杉浦さんはさっそく江戸時代に行ける免許をとって毎週のよにタイムスリップ…という設定。
週一で江戸に散歩に行き一枚のスケッチと文を綴ってみたという趣向の本。普通に町を散歩するように江戸の町を歩き、季節を感じ、旬を食らう。『江戸アルキ帖』も、そのつもりで持参したのだが、医院の混雑の中で読むには程度が高すぎたようだ。隣町・江戸凛珠 2002/02/16本書は作者曰く、江戸の町がすぐ隣に「有る気」で、「歩き」、「或る記」にしたものであるという。
日曜の昼下がり、のんびり江戸の町を歩いてみませんかカラー・イラスト一二七点とエッセイで案内する決定版江戸ガイドブック。江戸の町は埃っぽくて身体が黄な粉餅みたいになってくる。始めから終りまで、見開きの右ページに文、左ページに日向子自筆の絵がある。絵はけっして本格な画家のように上手ではないですが、何気ない日常が中心に描かれ、見ているとその濃厚な“空気感”にこちらまで魂がさまよいだして江戸に飛んでいってしまうようです。

PR

スポンサーサイト
【2009/10/07 02:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<東京地図本 [2008]―通ごのみの散歩案内 見やすい地図×親切なガイド=最強の東京案内 (えるまがMOOK) | ホーム | 奈良のたからもの―まほろばの美ガイド (集英社be文庫)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/778-ae780dd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。