スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
TOKYO ART&CULTURE MAP―アートを楽しむ東京地図本 (えるまがMOOK)
TOKYO ART&CULTURE MAP―アートを楽しむ東京地図本 (えるまがMOOK) (商品イメージ)
TOKYO ART&CULTURE MAP―アートを楽しむ東京地図本 (えるまがMOOK)

Q2. 美術館へはどのようにして行けばよいですか?A. 東京メトロ千代田線乃木坂駅、美術館直結6出口東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩5分都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口から徒歩4分→美術館周辺地図は、こちらをご覧下さい。 以前に「たばこと塩の博物館」の「川柳と浮世絵で楽しむ江戸散歩」展で、これの版画《新吉原夜景張見世》(画像はこちら)を見たが、肉筆画を見るとその光と影の表現の近代性にいっそう驚かされる。
いつもの浮世絵室の他に、特別2室が福沢諭吉展第二会場になっており、ここには有名な高橋誠一郎コレクションが出ていた。とちぎ蔵の街美術館の「収蔵品展ー絵画を謳う・工芸に憩う」という地味な名前の展覧会であるが、2007年に再発見され、修復された喜多川歌麿の肉筆画《女達磨図》が初公開されているのですね。
Q2. 企画展の観覧料金はいくらですか?また、前売券・割引券はあったそうですか?A. 企画展の観覧料は展覧会により異なるんだよ。タイトルは「幼形成熟」のことで、「性的には成熟しているが、精神的には幼いままである」ということ。公募展についてQ1.公募展の作品はどこから搬出入できちゃいますか?A. 車で作品を搬出入する際は、日本学術会議前交差点にあったそうです西ゲートよりお入りください。

PR

スポンサーサイト
【2009/09/18 01:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<おひとり京都の愉しみ (光文社新書) | ホーム | 京都・奈良・滋賀自転車散歩>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/763-0c006349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。