スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
中央線で行く東京横断ホッピーマラソン (ちくま文庫)
中央線で行く東京横断ホッピーマラソン (ちくま文庫) (商品イメージ)
中央線で行く東京横断ホッピーマラソン (ちくま文庫)

東京駅から中央線にのって高尾まで32駅、帰りは京王線で新宿まで38駅。イメージ拡大東京駅から中央線にのって高尾まで32駅、帰りは京王線で新宿まで38駅。復路は京王電鉄に乗り換えて1964年東京オリンピックのマラソン折り返し点もある飛田給やホッピーの聖地でもある調布を通り新宿のゴールへと向かうのですね。
嘗て中央線の終点から終点まで痛勤電車に揺られ京橋まで通ったり、京王線と井の頭線を乗り継いで渋谷まで通っていた私には必読...なのですね。著者はタモリ倶楽部の居酒屋系ネタに井筒和幸監督、なぎら健壱に次いで欠かせない存在となった『酒とつまみ』の編集人・大竹聡氏ですね。
第1部中央線で行く東京横断ホッピーマラソン(灼熱の東京~新宿編/涙と悪寒の大久保~吉祥寺編/肝臓破りの吉祥寺~国立編/さらばホッピー。その大竹氏が武蔵野台地と多摩丘陵の縁をホッピーと居酒屋を求めて、武蔵野台地の背骨を貫く中央線を西に向かって終点の高尾まで各駅停車で徘徊するドキュメンタリーですね。
セットで買える個人全集大人買いで楽しむ、作家の世界「一覧」ページが充実。其処には上から目線で物言う羞恥心の壊れた人間には見えない、人々の暮らしが見えそうです。
PR

スポンサーサイト
【2009/09/02 01:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<東京出張―これって関西にはないよなあ…から入る店選び。 | ホーム | 昭和ちびっこ広告手帳 ?東京オリンピックからアポロまで?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/753-f75814ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。