スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
広重と歩こう東海道五十三次 (アートセレクション)
広重と歩こう東海道五十三次 (アートセレクション) (商品イメージ)
広重と歩こう東海道五十三次 (アートセレクション)

文政後期より風景画に手を染め、天保2年「一幽斎描き東都名所」シリーズを発表、天保3,4年の「東海道五十三次」(保永堂)によって風景浮世絵師の地位を確立し、以後諸国名所絵、江戸名所絵の傑作をつぎつぎと発表した。これには、東海道五十三次の由来となった善財童子の解説や各宿場の今昔、名刺・古利・神社の特色、名所・旧跡・名物、最寄りの交通機関名などが記されています。
浮世絵集の傑作『東海道五十三次 全55宿セット』をあなたの愛蔵版にこの度、美術出版社では、安藤広重の『東海道五十三次」全五十五宿を忠実に再現した梶川工房版を和紙(クリーム白藤)を使い、美術印刷による復刻版にて発売いたしました。むらさき麦と藤の花の美しさが道中記や古歌に多く詠まれ塩の道「吉良街道」に通じる交通の要所でもあった。
とくに、庄野宿の『白雨』、蒲原宿の『夜之雪」は浮世絵の風景画の最高傑作と高い評価を受け、一躍、人気浮世絵師の第一人者となりました。*額受立を使えば広い机、飾り棚、サイドボード、下駄箱などの上に*額の紐を使えばお部屋、店舗、オフィスなどの壁面に。宿には新居の関所と渡舟場があり、数百隻の舟を有していたかな?
なお、東海道から京街道に入る場合は三条大橋は通らず髭茶屋追分(大津市追分町)で南西に折れるルート(大津街道)をとるため、大津宿の次は伏見宿となる。
PR

スポンサーサイト
【2009/08/10 05:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<京都の寺社505を歩く<下> (PHP新書) | ホーム | 沖縄・離島情報 2009年度版>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/743-9bd3a96a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。