スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
港を回れば日本が見える―ヨットきらきら丸航海記
港を回れば日本が見える―ヨットきらきら丸航海記 (商品イメージ)
港を回れば日本が見える―ヨットきらきら丸航海記

後継者不足で、港に係留されたままの漁船、陸地から海に流れ出る農薬などによる汚染、温暖化による魚種、漁場の変化、安価で買いたたかれる魚。筆者は定年を期に、ヨットで日本全国の港を回り、4年間で立ち寄った港は約230港。本書では、ヨットは金が掛かるという常識を覆し、一カ月10数万円で済むヨット暮らしの家計簿も公開している。
著者が航海中にインターネットで発信した日誌は、多くの反響を呼び、団塊のジャネレーション、若い夫婦らが、後に続いている。(株)ヴァンヂャケット情報室長を経て、ペンションを開発、チェーン展開し、若い女性の旅行ブーム、ペンションブーム仕掛け人と呼ばれる。海のロマンと、ヨットの魅力、地方のお国柄を存分に楽しめる一冊。
この本を見た人は下記の本も見ています1 / 1宮本常一が撮った昭和の情景 下巻 昭和40年?昭和55年(1965?80)宮本常一が撮った昭和の情景 上巻 昭和30年?昭和39年(1955?64)2 / 1この機能についてPowerd by TEAM☆LAB Inc.内容説明沖縄、熊野・瀬戸内、九州、若狭、北海道…。
ひとりで海から日本列島を丹念に尋ねて回った航海の物語。「港を回れば日本が見えるヨットきらきら丸航海記」のお買い上げは新刊・古本が同時に買えるlivedoor BOOKSで。
PR

スポンサーサイト
【2009/06/16 04:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<用もないのに | ホーム | ツーリングマップル 関東甲信越>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/702-dd10a37b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。