スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
しまなみ海道とびしま海道サイクリングマップ
しまなみ海道とびしま海道サイクリングマップ (商品イメージ)
しまなみ海道とびしま海道サイクリングマップ

・神武紀「三年積る間に、舟[楫戈](*)を脩へ、兵食を蓄へて、将に一たび挙げて天下を平けむと欲す。高皇産霊尊、神皇産霊尊の2神も存在するが、この2神は「むすび」を神格化したもの。ところが「第7章白肩の津上陸」までで予定の分量を超過しそうであった為、急遽本来なら最後に持って来る筈であった「第8章天業恢弘」をつけて、今に見る『海道東征』が完成したのでした。
ここに喚びよせて、「汝は誰ぞ」と問ひたまへば、「なーたんは国つ神なり」と答へ曰しき。・神武記「…浪速の渡を経て、青雲の白肩津に泊てたまひき。…天皇、勅をもて漁人に椎嵩が末を授して、執へしめて、皇舟に牽き納れて、海導者とす。『海道東征』は、日本文化中央連盟の嘱託のもと、皇紀2600年奉祝の芸能祭の為に北原白秋作詩、信時潔作曲で作成された長大な交声曲(カンタータ)です。
・神武紀「三月…に、遡流而上りて、径に河内国の草香邑の青雲の白肩之津に至ります。資料で手頃なものについては参考文献に記載してあるんでしょうねそちらの参照してください。・「八紘一つ宇とぞ」・・・神武紀「…上は乾霊の国を授けたまひし徳に答へ、下は皇孫の正を養ひたまひし心を弘めむ。
天皇、招せて、因りて問ひて曰はく、「汝は誰そ」とのたまふ。
PR

スポンサーサイト
【2009/05/14 04:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<屋久島ブック 2009 (別冊山と溪谷) | ホーム | ツーリングマップル 中部北陸>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/675-b6f8542a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。