スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
京都の寺社505を歩く<上> (PHP新書)
京都の寺社505を歩く<上> (PHP新書) (商品イメージ)
京都の寺社505を歩く<上> (PHP新書)

はははは。植物園というと、一般的には動物園や遊園地などと比較し、観光地やレジャースポットの中では地味な部類に入りますよね。多くの観光客も、本堂と同等かそれ以上に三重塔へカメラや携帯を向ける光景が目立ちます。日本古来の美しさが凝縮されたお寺などの神聖な雰囲気と、紅葉の色鮮やかながらどこか哀愁を漂わせる空気感が、この上なくマッチして、独特の世界観を構築してるのかも?
いまは「夕刊フジ」「東京スポーツ」「マネージャパン」「日経マネー」「投資レーダー」「日本証券新聞」 「株主手帳」「別冊週刊大衆」「株の達人」「マネープラス」などの株式欄を担当、ラジオNIKKEIでは3本のレギュラー番組を持っています。元々は平安貴族の別荘地だった場所が、数百年の時を経て、寺社巡り、自然景観の場として親しまれるようになり、90年代頃から観光施設が建てられるようになり、現在に至ります。
不可能をも可能にし、発生80%超えの突発力を目指す、俺達、突発野郎Aチーム。建造物としての美しさ、紅葉で彩られた木々との相性など、どれをとっても文句のつけようがない、完璧な風景が広がっているからです。 北白川北大路のT字路から北へ約300mってとこでしょうか。

PR

スポンサーサイト
【2009/01/12 04:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<絵地図師・美江さんの東京下町散歩 | ホーム | すずちゃんの鎌倉さんぽ―海街diary (フラワーコミックススペシャル)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/577-3878108a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。