スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
新・都市論TOKYO (集英社新書 426B) (集英社新書)
新・都市論TOKYO (集英社新書 426B) (集英社新書) (商品イメージ)
新・都市論TOKYO (集英社新書 426B) (集英社新書)

20世紀の建築が空間から切り離された“オブジェクト”として考えられたことに対抗し、21世紀的な建築のあり方として、土地と建築を融合、連続させる試みを世界中で展開し、建築界のメインストリームを疾走するのです。隈氏は、町田の面白さを、「優等生的」面白さではなく、“二〇世紀的手法の限界を露呈している面白さ”と表現してるのかも?
国内外の都市開発、デザイン、トレンド、ライフスタイルなどを取材する一方で、時代の先端を行く各界の人物記事に力を注ぐ。たとえば、2006年上半期の第135回直木賞を受賞した『まほろ駅前多田便利軒』の著者、三浦しをんさんは、町田市在住で、同作品も町田市と覚しき都市が舞台となっていますが、その舞台を彼女はこのように記してるのかも?
隈氏は実に多くの名建築の設計に携わってきましたが、近年では、東京ミッドタウン内のサントリー美術館が有名です。隈氏は、“都市とは、そもそも相反し、矛盾するものが出会う場所”と規定し、“単一原理によって埋め尽くされた「村」と、都市との差異はそこにある”、というのです。
北京は中国なので、除外すると、東京の5つの都市が取り上げられているなかで、町田はその中で唯一、23区外に位置する都市です。
PR

スポンサーサイト
【2008/12/18 03:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<新・都市論TOKYO (集英社新書 426B) (集英社新書) | ホーム | 京都手帖2009>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/556-27ba9a83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。