スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
アースダイバー
アースダイバー (商品イメージ)
アースダイバー

花園神社は内藤新宿の総鎮守だが、内藤新宿といえば甲州街道最初の宿場町として注目され、飯盛女のいる旅籠が今の新宿1丁目から3丁目あたり(新宿御苑の北側一帯)に繁盛していたかな?中沢はこの「水と蛇と黄金」伝説を、貨幣経済が発達してきた時代に、「無から有を生む」資本主義の秘密を合理的に解釈しえない人々の想像力が生んだもの、と判断している。
縄文を陰に、弥生を陽に、低地(谷戸)を陰に、台地を陽に、湿気は陰、乾燥は陽、地下は陰、地上は陽、無意識は陰、意識は陽、といった具合だ。最近は東京散歩のために昭和初期や明治・大正の地図も復刻されているから、それらを持っていく人もいる(明治20年に参謀本部から刊行された地図など、江戸の名残がそこここに残っていて面白い)。
アースダイバー異聞(4)2005年8月26日『アースダイバー』は縄文の記憶を強調するが、実際のアースダイバー的情景を支えている要素は密教的なもので、その特徴はエロスとタナトスをカバーするダキニ信仰と一致するのです。ちなみに、身体=自然説を想起すれば、アースダイバー論は原風景=自然=身体で、風水論と通じていることが分かる(ま、それは当然か)。
『アースダイバー』の中沢新一が独創的なのは、彼が戦前でも明治でも江戸でもなく、遙かに時代をさかのぼって縄文時代の東京地図を自前でつくり、それを持って歩いているところだ。
PR

スポンサーサイト
【2008/12/02 04:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<すずちゃんの鎌倉さんぽ―海街diary (フラワーコミックススペシャル) | ホーム | ひとりたび1年生>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/543-0eab2c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。