スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
酷道をゆく2 (イカロスMOOK)
酷道をゆく2 (イカロスMOOK) (商品イメージ)
酷道をゆく2 (イカロスMOOK)

旧標識/素晴らしき信号機の世界/「日本ジャンクション公団」総裁・大山顕によるジャンクションデートのすすめ/高速道路標識のゴシック体の謎を探れ!! ほか。酷道ファイル酷道/点線国道/海上国道国道にまつわるエトセトラ酷道の走り方/人はなぜ酷道を目指すのか/日本全国おもしろ国道/見つけよう。
途中にある唯一の建造物で現在も稼動しているが、途中これ以外に民家の1軒も存在しない。バイクや車で走破したい行動派はもとより走る自信がないバーチャル体験希望派も、全国酷道めぐりを堂々制覇できる一冊。「一国の総理大臣ともあろうものが、パンツも脱げないのかい?」そんな永田町の声が俺にも響いてくるぜ…。
この本の酷道の中で実際に走ったところはないんですが、R299の長野県・埼玉県の県境近くの長野側に父親の生家があるので、一度三国峠越えで秩父まわりで帰ってこようとしたものの、県境付近が未舗装だったのであきらめました。元は個人の下ネタや独り言を綴った物を元にギャルや部下、自分の娘などから冷たい視線を浴びながら頑張りましょう的な発想から生まれた物だと思い>ます。
俺もゴッドサイダーでは相変わらず乱交パーティよろしくな訳だが、日本はどうだい?こうやっている間にも、原発の排水溝近くの魚介類は巨大化しているんだぜ。
PR

スポンサーサイト
【2008/11/05 03:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷) | ホーム | 屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/531-386dd85e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。