スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
日本の分水嶺―地図で旅する列島縦断6000キロ
日本の分水嶺―地図で旅する列島縦断6000キロ (商品イメージ)
日本の分水嶺―地図で旅する列島縦断6000キロ

分水嶺の横断鉄道が密集する東北エリア、日本の秀峰を渡り歩く中央分水界、4つの海を分ける九州の大分水界など、各エリアの特徴を押さえ、歴史や観光スポットを解説しながら読者を仮想旅行へと誘います。一つの尾根をはさんで、片方に降った雨は日本海へ、もう片方へ降った雨は太平洋へ…それが分水嶺。
書籍紹介降り落ちた雨の行く先は太平洋か日本海か?その運命を決める一本の線=大分水嶺には、自然と人間の大いなるドラマが秘められていた。降り落ちた雨の行く先は太平洋か日本海か?その運命を決める一本の線=大分水嶺には、自然と人間の大いなるドラマが秘められていた。 内容(「BOOK」データベースより)降り落ちた雨の行く先は太平洋か日本海か?その運命を決める一本の線=大分水嶺には、自然と人間の大いなるドラマが秘められていた。
[セブンアンドワイ調べ]「地図、ガイド」のウィークリー売り上げランキング2008年6月30日付(毎週月曜日更新)この本が属しているジャンルのなかで、売れ行き部数の多い本のランキングです。書評トラックバックこの商品へのトラックバックはこちらに → http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/1919548*3時間毎に反映されます。
時には険しい尾根が分かち、ある時はせせらぎが分かつ…そして、人々の暮らしにも影響を与えているのだ。
PR

スポンサーサイト
【2008/07/05 21:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック | ホーム | 日本の分水嶺―地図で旅する列島縦断6000キロ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/423-99496de0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。