スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008) (商品イメージ)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)
Powered By Amazon Web Service (Amazon Associates)

本家は数万件の仏料理店が掲載され、印象論などは一切なく優れた店に淡々と星がついている一種のデータブックであり、その情報の網羅性には感服させられる。初のアジア版ということでも注目の東京版2008は、都心の店中心に掲載し、星つき店舗数が世界一という結果になった。
フランス人の視点、といっても調査員には日本人も含むわけで、西洋人の口にはどう考えても合わなさそうなものも掲載されているのは好感が持てた。なんでも世界一(最高)と思っているフランスへの敬愛と不思議な現象だがお祝いをこめて星ふたつプラスの5つ星。そんな例外的ガイドブックであるが、見てみるとディナーコースは大体1万円以上が当たり前の世界で、そもそも、庶民には利用も批判も賞讃もしようがない。
メディアに紹介される、とあるミシュランポジティブ(゚∇゚)派のフレンチシェフの「ここでの評価がシェフとしての励みになる」的な言葉にも一般の客の声はどこに行っちゃうんだ感は否めません。レストラン案内のガイドブックとしては不満な点が多々あるが料理人の技術の向上に一役買うであろうことは確か。
店舗解説も、料理や上質・希少な素材への凄まじいこだわりだけでなく、内装の木の素材や美術様式まで詳説されている視点が興味深かった。
スポンサーサイト
【2008/05/30 06:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック | ホーム | 震災時帰宅支援マップ 首都圏版 2008>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/378-da8118ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。