スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
切絵図・現代図で歩く江戸東京散歩 (古地図ライブラリー別冊)
切絵図・現代図で歩く江戸東京散歩 (古地図ライブラリー別冊) (商品イメージ)
切絵図・現代図で歩く江戸東京散歩 (古地図ライブラリー別冊)
Powered By Amazon Web Service (Amazon Associates)

(3)江戸切絵図と現代図の道路が一致する箇所は、道路を黄色く着色、江戸切絵図に記載され、かつ現存している神社・史跡は赤字、坂・橋は紫字で記載されるなどして、見やすく工夫されていることです。細かく見ているうちに、ここが江戸のどの辺にあたるのかわからなくなるので全体との関連が気になって仕方がないのです。
左に江戸時代の地図、右に現代の地図が載っていて、昔とどう違うのかが比較しやすくなってます。本を片手に街を歩くと、いままで気にも留めなかった交差点や道のカーブさえ、江戸時代のままであることに気が付いた。江戸東京散歩切絵図・現代図で歩くもち歩き地図江戸の古地図と現代の地図を照らし合わせながら散歩するのも、 面白そうです。
ちょっと、東京都内にお出かけするときに、江戸時代の風景を想像するときに、便利ですね。現代図切絵図比較の本は色々あったそうですが、こちらは要所を抑えてコンパクトにまとめた、シンプルでなおかつ見た目にも楽しい構成になっています。江戸開府から400年、建物の多くは失われたものの、道路の位置などは昔のまま残っているのだ。
この図と現代図とを、見開きで対照できるようになっていて、 その地図の間に簡単な歴史ガイドと寄り道情報、コラムが書かれたページが挟まっています。
スポンサーサイト
【2008/04/12 05:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008) | ホーム | 切絵図・現代図で歩く江戸東京散歩 (古地図ライブラリー別冊)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/311-48727a5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。