スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
鉄道廃線跡の旅 (角川文庫)
鉄道廃線跡の旅 (角川文庫) (商品イメージ)
鉄道廃線跡の旅 (角川文庫)
廃線跡探訪のブームをつくった著者が、夕張鉄道、南薩鉄道、南大東島の砂糖鉄道など、七つの廃線跡をめぐり、その魅力を余すところなく洒脱に綴る、鉄道廃線跡紀行の決定版。それは周囲の人々や自治体が鉄道にどれだけの愛着を持っているかということと関係している。常に鉄道を追い続けてきた著者が、鉄道にまつわる想い出、懐かしさを大切に、全国の失われた路線の全盛時や現在の様子を旅情豊かに紹介するのです。
しかし、沿線は全線に渡って住宅が密集しており、もし今でも走っていたら、相当な乗客で賑わっていたのではないかと、沿線の交通がずいぶん便利になっていたのではないかと思うと、戦後復旧されなかったのは残念なことだったと思います。夕張鉄道や下津井鉄道が廃止されたのは比較的近年のこの路線が健在だった頃の乗車記と読み比べてみても面白いだろう。
全線歩いて探索するとなるとかなり距離があって大変なので、一部歩いて移動してもう一部歩くというような探索方法を考えて出かけましたが、結果的には全部歩いてしまいました。戦時中に不要不急路線として休止された路線は、種村直樹著「ローカル線の旅」(日本交通公社出版事業局、1981)によれば23線区、区間で、その内そのまま廃止になったのは6線区に過ぎず、他は復旧されているのを考えると、まことに惜しかったと思います。

スポンサーサイト
【2008/02/19 12:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<るるぶ富山立山黒部五箇山 (’07~’08) (るるぶ情報版―中部) | ホーム | 石垣・竹富・西表島&那覇 てくてく歩き21 (ブルーガイド てくてく歩き 21 気ままに船とバスの旅)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/284-1d3a7b5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。