スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
南の島で、暮らそうか! (角川oneテーマ21)
南の島で、暮らそうか! (角川oneテーマ21) (商品イメージ)
南の島で、暮らそうか! (角川oneテーマ21)
斬新な発想の源は南の島での暮らし…恒川光太郎「雷の季節の終わりに」(角川書店)沖縄から上京しインタビューに応じた恒川さん。2冊目の単行本となる「雷の季節の終わりに」は初の長編作品であったそうです。斬新な発想の源となっているのは、南の島での暮らしですね。デビュー作の短編「夜市」で日本ホラー大賞を受賞した恒川光太郎さん(33)の初めての長編小説「雷の季節の終わりに」(角川書店、1575円)が話題を呼んでいる。
しかし、まあ、私のこの本の使い道としては、旅行の本を見ながらそこへ旅した気分を味わうというのと同じように、南の島へ移住した気分を味わうためのものでしかないけれど。いつか行きたいと思っていた」工事現場でのアルバイトなどさまざまな職業に触れ、その後、塾の講師に。
斬新な発想の源は、大学卒業後いったんは就職しながら2年で辞め、沖縄に移り住んだ日常の暮らしから生まれているようですね。デビュー作「夜市」で林真理子さん、荒俣宏さんら選考委員が絶賛した突拍子もないストーリー展開は、初めての長編でも健在ですね。新天地での暮らしに慣れ始めたころ、大学時代に遊び半分で小説を書いていたことを思い出し、再び筆を執った。

スポンサーサイト
【2008/02/11 09:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<サーベイ兵庫・神戸―まるごとクチコミの1400件 | ホーム | タビリエ 奈良・大和路 (タビリエ (26))>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/276-37597491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。