スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
両さんと歩く下町―『こち亀』の扉絵で綴る東京情景 (集英社新書)
両さんと歩く下町―『こち亀』の扉絵で綴る東京情景 (集英社新書) (商品イメージ)
両さんと歩く下町―『こち亀』の扉絵で綴る東京情景 (集英社新書)
同作品は九六年に一〇〇〇回を超え、少年まんが連載の最長記録を現在も更新しつづけている。 東京下町の浅草を中心としたエリアに昭和30年代の面影をたどり、『こち亀』作者秋本治が体験した懐かしい下町を『こち亀』に描かれた様子を引用しながら紹介する下町回想記&ガイド。
『こち亀』の愛称で親しまれる週刊少年ジャンプの人気連載『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の扉を飾った、普段着の下町風景。『こち亀』の愛称で親しまれる週刊少年ジャンプの人気連載『こちら葛飾区亀有公園前 派出所』の扉を飾った、普段着の下町風景。葛飾では少年期の思い出、千住ではお化け煙突や東京球場にまつわる郷愁、上野では不忍池などを舞台にした裏話、そして神田では超神田寿司、擬宝珠一家誕生の秘話など、その土地と作品の両面から楽しめる内容となっている。
『こち亀』の愛称で親しまれる週刊少年ジャンプの人気連載『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の扉を飾った、普段着の下町風景。結果としては、もう存在しない歴史的な風景の原像とその後の変化が、漫画の重要な背景をなしているわけです。葛飾区亀有で生まれ育ち、昭和30年代からの下町の変遷を見つづけてきた作者が、『こち亀』の舞台となった街を再訪し、その地への思いと取っておきの話を綴っていく。

スポンサーサイト
【2008/01/13 01:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<るるぶディズニーランド・リゾート南カリフォルニア―ミッキーと太陽と青いビーチが待っている! (るるぶ情報版 (C53)) | ホーム | 京都極楽銭湯案内―由緒正しき京都の風景 (新撰 京の魅力)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/241-b7806666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。