スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
街道をゆく〈26〉嵯峨散歩、仙台・石巻 (朝日文庫)
街道をゆく〈26〉嵯峨散歩、仙台・石巻 (朝日文庫) (商品イメージ)
街道をゆく〈26〉嵯峨散歩、仙台・石巻 (朝日文庫)
「街道をゆく」全体に共通することですが、司馬遼太郎の博識、登場人物の描写等で、描かれた地域が非常に魅力的に感じられ、この本をもって司馬遼太郎がたどったのと同じ道をたどってみたくなるんだよ。26巻は、古代にゆかりの嵯峨と、伊達政宗の本拠地だった仙台を歩く。古代にゆかりの土地・嵯峨と、以前北畠顕家、伊達政宗の根拠地だった仙台を歩く。
余談ですが、司馬が嵯峨をめぐった時、私もその周辺に住んでおり、どこかで司馬と出会ってるかもしれないなあなどと楽しい想像がふくらみました。自分が京都出身であることから、司馬遼太郎がどのように京都を描いてくれているのか、読みたくなり、手に取りました。伊達家は現代に何を残したのか。
どこの山の中を旅しているのかと思ってしまう。「街道」に息づく歴史、行き交った人々、その土地で出会った人との心のやりとりなどを綴るシリーズ。「嵯峨野を歩いて古代の秦氏を考えないというのは、ローマの遺跡を歩いてローマ人たちを考えないのと同じくらいに鈍感なことかもしれない」。
「嵯峨散歩」と「仙台・石巻」の2編が収録されてますよん。嵯峨野から仙台・石巻へ伝統に培われた歴史の道。江戸の大藩だったはずが、遺産と呼べるものはほとんどない。
スポンサーサイト
【2007/09/28 00:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<街道をゆく〈34〉大徳寺散歩、中津・宇佐のみち (朝日文芸文庫) | ホーム | 自然と遊ぼう日帰りハイキング―関東周辺ベスト60コース>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://travel50.blog80.fc2.com/tb.php/172-e05da07a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。