スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷) (商品イメージ)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)

屋久島への移住をお手伝いする不動産会社の社員が、日常生活のできごとや行事のこまごまを、北海道から移住した体験などをもとにお伝えしちゃうんだよ。屋久島在住のフォトライター菊池さんの記事が、地元密着型で、中でも私のお気に入り。屋久島の標高1200m以上の山岳部に分布するツツジ科ツツジ属の固有種変常緑低木つぼみの時は濃いピンク開花した花は白紅色開花期は、5~6月この写真は、先週、屋久島に行った従姉妹に送ってもらいました。
山好きにはもちろんのこと、普段山歩きをしない人でも見ているだけで楽しい読み物だ。 同じテーマの商品を探すBy Publishers > 昭文社同じキーワードの商品を探す 全書・叢書この本は、それぞれの上記のテーマに含まれています。(※)Javascriptが無効になっていると、サイト内の一部機能がご利用いただけません。

PR

スポンサーサイト
【2008/07/31 16:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本100名城公式ガイドブック―日本の文化遺産「城」を見に行こう (歴史群像シリーズ)
日本100名城公式ガイドブック―日本の文化遺産「城」を見に行こう (歴史群像シリーズ) (商品イメージ)
日本100名城公式ガイドブック―日本の文化遺産「城」を見に行こう (歴史群像シリーズ)

過去、100名城の半数近くは登城しておりますが、付録の「シンプルなスタンプ帳」のおかげで(笑)、またまた一から探索して昨日現在12個までになりました。日本100名城の選定は財団法人日本城郭協会が協会創設40周年の記念事業として行ったとのこと。2007年6月より開始予定のスタンプラリーのスタンプ帳も兼ねており、城廻りファン必携の一冊。
?優れた文化財・史跡であること?著名な歴史の舞台であること?時代・地域の代表であること上記の基準をクリアした名城が、古くは弥生時代から新しくは江戸時代まで選定されているというわけだ。2007年6月より開始予定のスタンプラリーのスタンプ帳も付いており、城廻りファン必携の一冊。
H.I.S. 旅ブロお得な旅行情報が満載、旅の体験記や写真の公開ならここ。城の見所やアクセス、スタンプ台の位置まで書いてくれ、重宝しちゃうんだよ。(残念ながら上記基準をクリアできなかったのだろう^^;)すぐにとは行かないだろうが、何年かかけてこのガイドブックにのっている城をすべて制覇してみたい。
同じテーマの商品を探すBy Publishers > 学習研究社旅行ガイド > 国内旅行同じキーワードの商品を探す 城郭この本は、それぞれの上記のテーマに含まれています。
PR

【2008/07/31 02:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008) (商品イメージ)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

本家は数万件の仏料理店が掲載され、印象論などは一切なく優れた店に淡々と星がついている一種のデータブックであり、その情報の網羅性には感服させられる。個人的には、ここに紹介されている店が今後も伝統とこだわりを守っていけるのか、大いに関心がある。ただ、日本人なら別の基準に基づく評価があってしかるべきだし、フランス人の見方を知るためだけにこの値段を出すかどうかは個々の考え方でしょうが・・・。
この本を友だちにメールで教えるページトップへ立ち読み画像または右下のリンクをクリックすると、「立ち読み」のコーナーで、この本の一部のページを、画像またはPDFファイルでご覧になれます。あくまでも、東京の全てのレストランを網羅しているレストランガイド、というのではなく、観光客にとって、無難なレストランとホテルの紹介であると割り切って読めば、納得できると思います。
それこそ値段や店の雰囲気だけでは、実際の味は分からないと思います。有名になってダメになった店は、過去にいくらでもありそうだから。書籍紹介創刊から108年、ヨーロッパをカバーするレストランとホテルのガイドブックとして圧倒的な支持を受けるミシュランガイドの東京版が完成した。

PR

【2008/07/30 08:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008) (商品イメージ)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

本家は数万件の仏料理店が掲載され、印象論などは一切なく優れた店に淡々と星がついている一種のデータブックであり、その情報の網羅性には感服させられる。個人的には、ここに紹介されている店が今後も伝統とこだわりを守っていけるのか、大いに関心がある。ただ、日本人なら別の基準に基づく評価があってしかるべきだし、フランス人の見方を知るためだけにこの値段を出すかどうかは個々の考え方でしょうが・・・。
この本を友だちにメールで教えるページトップへ立ち読み画像または右下のリンクをクリックすると、「立ち読み」のコーナーで、この本の一部のページを、画像またはPDFファイルでご覧になれます。あくまでも、東京の全てのレストランを網羅しているレストランガイド、というのではなく、観光客にとって、無難なレストランとホテルの紹介であると割り切って読めば、納得できると思います。
それこそ値段や店の雰囲気だけでは、実際の味は分からないと思います。有名になってダメになった店は、過去にいくらでもありそうだから。書籍紹介創刊から108年、ヨーロッパをカバーするレストランとホテルのガイドブックとして圧倒的な支持を受けるミシュランガイドの東京版が完成した。

PR

【2008/07/29 16:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
酷道をゆく2 (イカロスMOOK)
酷道をゆく2 (イカロスMOOK) (商品イメージ)
酷道をゆく2 (イカロスMOOK)

外光や太陽光の紫外線による液晶の劣化を抑制する働きもあり、光学製品にも使用できるほどの光線透過率90%の性能を有するため、画面が常に明るく目が疲れにくい嬉しい効果もあったそうです。Webディレクター[求人] シャープビジネスコンピュータソフト...への正社員転職募集内容:シャープ製品のソフトウェア開発技術者(制御)転職ならリクナビNEXTシャープ製のスマートフォン。
「OverLay Brilliant」は光沢表面処理を採用した液晶保護シートで、画面をキズ付きやホコリから保護するほか、美しい艶と高級感を与え、映像を色鮮やかに再現しちゃうんだよ。液晶画面の美しさ、カラーの再現性を最優先させた姉妹品「OverLay Brilliant」とは異なり、シート表面にアンチレグア(低反射)処理を加えることによって、太陽光や蛍光灯の画面への映り込みを軽減し、屋外の使用でも画面を見やすくしちゃうんだよ。
さらに、画面から放射される紫外線(UV)を99%カットして、目への負担を軽減する効果も発揮。さらに、画面から放射される紫外線(UV)を70%カットして、目への負担を軽減する効果も発揮。従来の液晶シートや表面のアンチグレア処理は、"光の反射を無くす"のではなく"乱反射"させて光を拡散させているので、黒が白っぽくなるなど色自体の再現率が低くなる現象があったのかもね。

PR

【2008/07/28 22:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック
伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック (商品イメージ)
伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック

由緒ある歴史の道、女性にゆかりある裏参道も紹介してくれており、女性にゆかりある月の神様「月夜見宮へも行ってみよう」とのこと。実家は伊勢の神宮に神饌を納める鮮魚商で、神苑の中で幼少期を過ごす。‹商品の概要に戻る商品の説明内容(「BOOK」データベースより)伊勢の町に、御木曳の木遣り稽古の声が響く平成十八年春に本の企画が決まり、「神宮大好きな人、この指とまれ」で集まったメンバーでつくった本です。
中身は、ガイドブック的な内容にとどまらず、伊勢神宮の歴史・文化、歳時記、参拝の仕方まで入っていて、写真も素晴らしく、一冊の読み物としても十分読み応えがあったそうです。35mmサイズのデジタル一眼レフカメラと8×10インチサイズのフィルムを使った大型カメラを基本機材として、国内外で取材活動を続けている。
写真も綺麗だし、おかげ横町の事も書いてあるし、とても重宝する一冊です。なーたんは伊勢の神宮だけを特集したガイド本を探してました。 同じテーマの商品を探すBy Publishers > ポプラ社人文・思想 > 宗教 > 神道・祭祀 > 神社旅行ガイド > 国内旅行 > 地域別 > 南紀・伊勢・志摩同じキーワードの商品を探す 地理・地誌・紀行 神社 神職 (南紀・伊勢・志摩) 一般向け 伊勢神宮,参宮案内記この本は、それぞれの上記のテーマに含まれています。

PR

【2008/07/28 04:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008) (商品イメージ)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

本家は数万件の仏料理店が掲載され、印象論などは一切なく優れた店に淡々と星がついている一種のデータブックであり、その情報の網羅性には感服させられる。製品詳細ページやサーチ結果を表示した後、興味のあるページに戻る簡単な方法についてはここを参照してください。初のセレクションに挙がったのは、三つ星() が 8軒、二つ星 () が25軒、一つ星 ()が117軒。
個人的には、ここに紹介されている店が今後も伝統とこだわりを守っていけるのか、大いに関心がある。ただ、日本人なら別の基準に基づく評価があってしかるべきだし、フランス人の見方を知るためだけにこの値段を出すかどうかは個々の考え方でしょうが・・・。この本を友だちにメールで教えるページトップへ立ち読み画像または右下のリンクをクリックすると、「立ち読み」のコーナーで、この本の一部のページを、画像またはPDFファイルでご覧になれます。
あくまでも、東京の全てのレストランを網羅しているレストランガイド、というのではなく、観光客にとって、無難なレストランとホテルの紹介であると割り切って読めば、納得できると思います。それこそ値段や店の雰囲気だけでは、実際の味は分からないと思います。
PR

【2008/07/26 15:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック
島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック (商品イメージ)
島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック

それ以外の方には気分転換に読むエッセイ集として職場に一冊あれば十分。前者については、旅行に持ち運ぶ荷物にならないように内容を厳選し、後者については多忙すぎる職業からそのような趣味を好むというように、良心的な解釈をすべきかもしれない。沖縄渡航80回以上を誇る、島田紳助と沖縄好きの仲間たちとの独断と偏見で構成してみたような気分です。
ただし、紹介文からは、普段TVでイメージしている毒舌の著者とは異なり、感性と情に豊かな人間性が窺える。 この本の内容は、沖縄渡航80回以上を誇る、なーたん、島田紳助と沖縄好きの仲間たちとの独断と偏見で構成されてますよん。1時間ほどで読み終えましたが、紳助さんの「沖縄への愛情」というよりは「沖縄を愛する自分への自己陶酔」の方を強く感じました。
通常のガイドブックには辛口の紹介文は皆無だが、本書では『沖縄の食べものはどれもギリギリ(美味いものがないということ)』など正直な感想が述べられている点で好感が持てますよね。この本を友だちにメールで教えるページトップへ立ち読み画像または右下のリンクをクリックすると、「立ち読み」のコーナーで、この本の一部のページを、画像またはPDFファイルでご覧になれます。

PR

【2008/07/25 21:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷) (商品イメージ)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)

屋久島への移住をお手伝いする不動産会社の社員が、日常生活のできごとや行事のこまごまを、北海道から移住した体験などをもとにお伝えしちゃうんだよ。トレッキング情報やエコツアーの紹介はもちろん、食事処や見所などの観光情報も満載。屋久島在住のフォトライター菊池さんの記事が、地元密着型で、中でも私のお気に入り。
高画質・大画面で屋久島の風景がお楽しみいただけます島リンク屋久島ナビ屋久島の旅をサポートする、「屋久島ブック」(山と溪谷社)の公式サイトインターネット自然研究所屋久島のライブ映像お天気Web九州屋久島の天気予報と日出・日入・潮汐情報屋久島パイン屋久島の移住情報が満載。
」のサイト最近の記事ミニチュア・カブト親子でハマる、クワガタ捕り南の島の夏休み、到来。今度山でなーたんの後姿を見かけたら(笑)、お気軽にお声がけください。そこであれば、確かに何度かお邪魔してるのかも?山好きにはもちろんのこと、普段山歩きをしない人でも見ているだけで楽しい読み物だ。
なーたんも「愛子岳」や「蛇之口滝」など、随所で執筆していますので、ぜひご覧ください。屋久島メッセンジャーさんには、実は私の仕事場でちらっとお見かけしたことがあるんですよ♪(そちらはご存知ないと思いますが・・・w)安房にあるK省の事務所と言ったらわかるでしょうか?私はあと数年はいるので、いつかゆっくりとお話できたらと思います。

PR

【2008/07/25 03:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201) (商品イメージ)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201)

天理といえば夏の甲子園でも有名な高校があるが、宗教都市としても有名ですね。スゴいなと思ったし、日本人の宗教観というか、その意欲には愚生の様な新興宗教嫌いも脱帽せざるを得なくなってしまう。 同じテーマの商品を探すBy Publishers > 三才ブックス歴史・地理 > 地理・地域研究 > 世界遺産同じキーワードの商品を探す 旅行案内記この本は、それぞれの上記のテーマに含まれています。
この、今のところ8号も頑張っているサブカルチャー雑誌「ワンダーJAPAN」もそれぞれの地方を取り上げてきたが、今度は修学旅行地としてイメージし易い京都・奈良ですね。奈良といえば最近ではあのキャラクター「せんとくん(ちなみに最近キモい兄貴まで出来たという、まったく作者の藪内○○○氏のセンスを疑いたくなる)」「まんとくん」「なーむくん」などで話題となったが、京都も最近派手な話題こそ無いものの、こうしてみるとディープスポットが多い事に気付く。
しかし、途絶えてしまいがちなこれらの雑誌もやはり続ける事に意義がある。以前或る本で読んだのだが、城壁の様に街中を囲ってしまう計画が天理にはあると聞いた事がある。この中で目を惹いたのが奈良の天理市だ。
PR

【2008/07/24 09:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷) (商品イメージ)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)

屋久島への移住をお手伝いする不動産会社の社員が、日常生活のできごとや行事のこまごまを、北海道から移住した体験などをもとにお伝えしちゃうんだよ。トレッキング情報やエコツアーの紹介はもちろん、食事処や見所などの観光情報も満載。屋久島在住のフォトライター菊池さんの記事が、地元密着型で、中でも私のお気に入り。
高画質・大画面で屋久島の風景がお楽しみいただけます島リンク屋久島ナビ屋久島の旅をサポートする、「屋久島ブック」(山と溪谷社)の公式サイトインターネット自然研究所屋久島のライブ映像お天気Web九州屋久島の天気予報と日出・日入・潮汐情報屋久島パイン屋久島の移住情報が満載。
」のサイト最近の記事親子でハマる、クワガタ捕り南の島の夏休み、到来。今度山でなーたんの後姿を見かけたら(笑)、お気軽にお声がけください。そこであれば、確かに何度かお邪魔してるのかも?山好きにはもちろんのこと、普段山歩きをしない人でも見ているだけで楽しい読み物だ。
なーたんも「愛子岳」や「蛇之口滝」など、随所で執筆していますので、ぜひご覧ください。屋久島メッセンジャーさんには、実は私の仕事場でちらっとお見かけしたことがあるんですよ♪(そちらはご存知ないと思いますが・・・w)安房にあるK省の事務所と言ったらわかるでしょうか?私はあと数年はいるので、いつかゆっくりとお話できたらと思います。

PR

【2008/07/22 22:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本100名城公式ガイドブック―日本の文化遺産「城」を見に行こう (歴史群像シリーズ)
日本100名城公式ガイドブック―日本の文化遺産「城」を見に行こう (歴史群像シリーズ) (商品イメージ)
日本100名城公式ガイドブック―日本の文化遺産「城」を見に行こう (歴史群像シリーズ)

過去、100名城の半数近くは登城しておりますが、付録の「シンプルなスタンプ帳」のおかげで(笑)、またまた一から探索して昨日現在12個までになりました。日本100名城の選定は財団法人日本城郭協会が協会創設40周年の記念事業として行ったとのこと。2007年6月より開始予定のスタンプラリーのスタンプ帳も兼ねており、城廻りファン必携の一冊。
?優れた文化財・史跡であること?著名な歴史の舞台であること?時代・地域の代表であること上記の基準をクリアした名城が、古くは弥生時代から新しくは江戸時代まで選定されているというわけだ。H.I.S. 旅ブロお得な旅行情報が満載、旅の体験記や写真の公開ならここ。2007年6月より開始予定のスタンプラリーのスタンプ帳も兼ねており、城廻りファン必携の一冊。
城の見所やアクセス、スタンプ台の位置まで書いてくれ、重宝しちゃうんだよ。(残念ながら上記基準をクリアできなかったのだろう^^;)すぐにとは行かないだろうが、何年かかけてこのガイドブックにのっている城をすべて制覇してみたい。自分も城好きを自認しているものの、この100城のうちにお目にかかっていない城も多々ある。
選定理由の解説をはじめ、100名城それぞれの見どころもご案内。
PR

【2008/07/21 10:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷) (商品イメージ)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)

屋久島への移住をお手伝いする不動産会社の社員が、日常生活のできごとや行事のこまごまを、北海道から移住した体験などをもとにお伝えしちゃうんだよ。屋久島在住のフォトライター菊池さんの記事が、地元密着型で、中でも私のお気に入り。山好きにはもちろんのこと、普段山歩きをしない人でも見ているだけで楽しい読み物だ。
おすすめ商品を見るにはサインインしてください。
PR

【2008/07/20 17:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201) (商品イメージ)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201)

この東海地方は2005年の「愛・地球博」をきっかけに経済の面でも力をつけている所が多いのだろうか?ポスト万博後の名古屋経済の成り行きが心配されたが、今のところその反動は少ないようにも感じられる。天理といえば夏の甲子園でも有名な高校があるが、宗教都市としても有名ですね。
スゴいなと思ったし、日本人の宗教観というか、その意欲には愚生の様な新興宗教嫌いも脱帽せざるを得なくなってしまう。愚生も趣味の写真撮影によく出かけるのだが、ダムを通って見ていると確かにその大きさに圧倒されるばかりでなく、人間の作り上げたそのパワーの何と偉大な事か。
この本を入手した日の午前中にTVで放送していたのだが、最近では工場・ダム・団地といった大規模な建造物をこよなく愛する人が増えているという。富士ガリバー王国の解体、閉館された国際秘宝館…それぞれに対して思いを馳せるところだが、季刊化され、まずは中身が薄っぺらくなっていないところにやはり感銘を受けた。
ただ、「珍スポット」や「珍物件」など、この本の特徴とも言えるバカバカしくて笑えるテーマ(たぶん編集さんも笑える誌面が狙いなのではないでしょうか?間抜けな顔の大仏様のドアップな表紙が全てを現していると思います)を目当てにこれからも購読し続けるつもりです。
PR

【2008/07/19 23:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201) (商品イメージ)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201)

この東海地方は2005年の「愛・地球博」をきっかけに経済の面でも力をつけている所が多いのだろうか?ポスト万博後の名古屋経済の成り行きが心配されたが、今のところその反動は少ないようにも感じられる。 特集以外も、旧根岸競馬場跡の全貌に迫る巻頭グラビア、秘境テイスト満載の極小駅舎巡り、解体が始まった秩父セメント工場跡、廃村、巨大乙姫像、個人宅の珍オブジェ群、ロックフィルダムの歴史、取り壊し銭湯、深海魚ツアーetc...。
天理といえば夏の甲子園でも有名な高校があるが、宗教都市としても有名ですね。編集部では、身近にある変な空間、不思議な建物の写真・情報を随時募集してるのかも?ひょっとして、すべてを知ったつもりになってはいませんか?駅前の巨大建造物から、SFチックな建物、顔型住宅、世界文化遺産寺院の横に佇むオール竹製金閣寺に、霊山の中腹に残されたケーブルカー駅舎の遺構などなど、京都はカオスな異空間で花盛り。
スゴいなと思ったし、日本人の宗教観というか、その意欲には愚生の様な新興宗教嫌いも脱帽せざるを得なくなってしまう。愚生も趣味の写真撮影によく出かけるのだが、ダムを通って見ていると確かにその大きさに圧倒されるばかりでなく、人間の作り上げたそのパワーの何と偉大な事か。

PR

【2008/07/18 11:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷) (商品イメージ)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)

屋久島への移住をお手伝いする不動産会社の社員が、日常生活のできごとや行事のこまごまを、北海道から移住した体験などをもとにお伝えしちゃうんだよ。トレッキング情報やエコツアーの紹介はもちろん、食事処や見所などの観光情報も満載。」のサイト最近の記事ダブル・レインボー全島停電初泳ぎと海岸清掃奇妙なプール参観かなわぬ朝焼け…闇夜のエビ捕り夏本番。
屋久島在住のフォトライター菊池さんの記事が、地元密着型で、中でも私のお気に入り。写真が主体ではあるが、屋久島の各地域のガイドやエコツアー、島へのアプローチ方法といった情報も満載ですね。高画質・大画面で屋久島の風景がお楽しみいただけます島リンク屋久島ナビ屋久島の旅をサポートする、「屋久島ブック」(山と溪谷社)の公式サイトインターネット自然研究所屋久島のライブ映像お天気Web九州屋久島の天気予報と日出・日入・潮汐情報屋久島パイン屋久島の移住情報が満載。
21世紀も日本人の心を癒しつづける写真家・三好和義が案内する、はじめての世界遺産撮影ガイドブック。また、三好氏の屋久島への畏敬、縄文杉だけでなく一輪の花へも向けられる愛情といったものも感じとれる一冊ですね。そこであれば、確かに何度かお邪魔してるのかも?
PR

【2008/07/17 17:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008) (商品イメージ)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008)

一覧表になっている時刻表や店舗に蛍光ペンで印を付け活用すると非常に便利なツールとなるため、沖縄ガイドブックの中では比較的完成度の高い一冊と思う。個々の観光スポットや料理店などの紹介はやや少なめにし、ホテルやダイブショップなどを後半のページに一覧表として掲載。
現時点での難点は、いくつかのショップのウェブサイトを確認したところ、既に閉鎖されているサイトがあった点と、本書に掲載されているデザインの商品がすでに売られていない店があった点。沖縄のガイドブックは大判の冊子が多いが、本書はA5版でかつ薄く、非常に持ち運びに便利だ。
離島へのアクセスとして詳細な時刻表を収載している。RSS1.0RSS2.0アクセスカウンタ読者登録メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたしちゃうんだよ。[セブンアンドワイ調べ]「地図、ガイド」のウィークリー売り上げランキング2008年7月14日付(毎週月曜日更新)この本が属しているジャンルのなかで、売れ行き部数の多い本のランキングです。
大きさ、厚さは持ち運びに最適で、情報量は非常に多いと思う。1日の大半を本屋ですごす、日々本だらけの生活。各スポットの紹介文は短めで写真も小さめだが、むしろ過剰な宣伝になっていないため、行ってがっかりすることも少なそう。
PR

【2008/07/16 22:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008) (商品イメージ)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

本家は数万件の仏料理店が掲載され、印象論などは一切なく優れた店に淡々と星がついている一種のデータブックであり、その情報の網羅性には感服させられる。左側のページには、施設の写真数枚と快適さの段階や星の数が掲載されています。その基準とは、素材の鮮度と品質、調理技術の高さと味付けの完成度、オリジナリティ、コストパフォーマンス、常にクオリティを保つ料理全体の一貫性です。
この最初のセレクションには、日本人とヨーロッパ人の5人の調査員によるチームが、16万軒ものレストランがあるといわれる東京の町を歩き回りました。個人的には、ここに紹介されている店が今後も伝統とこだわりを守っていけるのか、大いに関心がある。右ページには、施設や料理の紹介文と外観の写真、地図があったそうです。
ただ、日本人なら別の基準に基づく評価があってしかるべきだし、フランス人の見方を知るためだけにこの値段を出すかどうかは個々の考え方でしょうが・・・。あくまでも、東京の全てのレストランを網羅しているレストランガイド、というのではなく、観光客にとって、無難なレストランとホテルの紹介であると割り切って読めば、納得できると思います。
世界中どこでも、ミシュランガイドのセレクションのシステムは厳格かつ同一であり、美食の世界で独立性を保っており、基準とみなされています。
PR

【2008/07/16 03:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷) (商品イメージ)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)

屋久島への移住をお手伝いする不動産会社の社員が、日常生活のできごとや行事のこまごまを、北海道から移住した体験などをもとにお伝えしちゃうんだよ。トレッキング情報やエコツアーの紹介はもちろん、食事処や見所などの観光情報も満載。エコツアーで自然体験、屋久島のキャンプ場ガイド、屋久島タウンガイド、屋久島宿泊施設一覧などを掲載。
屋久島在住のフォトライター菊池さんの記事が、地元密着型で、中でも私のお気に入り。」のサイト最近の記事初泳ぎと海岸清掃奇妙なプール参観かなわぬ朝焼け…闇夜のエビ捕り夏本番。高画質・大画面で屋久島の風景がお楽しみいただけます島リンク屋久島ナビ屋久島の旅をサポートする、「屋久島ブック」(山と溪谷社)の公式サイトインターネット自然研究所屋久島のライブ映像お天気Web九州屋久島の天気予報と日出・日入・潮汐情報屋久島パイン屋久島の移住情報が満載。
今度山でなーたんの後姿を見かけたら(笑)、お気軽にお声がけください。そこであれば、確かに何度かお邪魔してるのかも?山好きにはもちろんのこと、普段山歩きをしない人でも見ているだけで楽しい読み物だ。本書では、時間と命を紡ぐこの島を徹底ガイド。なーたんも「愛子岳」や「蛇之口滝」など、随所で執筆していますので、ぜひご覧ください。

PR

【2008/07/15 09:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201) (商品イメージ)
ワンダーJAPAN 8 (2008 SUMMER)―日本の〈異空間〉探検マガジン (8) (三才ムック VOL. 201)

天理といえば夏の甲子園でも有名な高校があるが、宗教都市としても有名ですね。 特集以外も、旧根岸競馬場跡の全貌に迫る巻頭グラビア、秘境テイスト満載の極小駅舎巡り、解体が始まった秩父セメント工場跡、廃村、巨大乙姫像、個人宅の珍オブジェ群、ロックフィルダムの歴史、取り壊し銭湯、深海魚ツアーetc...。
編集部では、身近にある変な空間、不思議な建物の写真・情報を随時募集してるのかも?ひょっとして、すべてを知ったつもりになってはいませんか?駅前の巨大建造物から、SFチックな建物、顔型住宅、世界文化遺産寺院の横に佇むオール竹製金閣寺に、霊山の中腹に残されたケーブルカー駅舎の遺構などなど、京都はカオスな異空間で花盛り。
スゴいなと思ったし、日本人の宗教観というか、その意欲には愚生の様な新興宗教嫌いも脱帽せざるを得なくなってしまう。かたや奈良には、夢の国の廃墟・奈良ドリームランドに、トラだらけお寺、電波塔が林立する山上遊園地、そして巨大な宗教都市など、個性溢れるワンダースポットが匂うがごとし。
まるで時空が歪んでしまったかのような21世紀の古都の姿を存分にご堪能ください。奈良といえば最近ではあのキャラクター「せんとくん(ちなみに最近キモい兄貴まで出来たという、まったく作者の藪内○○○氏のセンスを疑いたくなる)」「まんとくん」「なーむくん」などで話題となったが、京都も最近派手な話題こそ無いものの、こうしてみるとディープスポットが多い事に気付く。

PR

【2008/07/14 17:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008) (商品イメージ)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

本家は数万件の仏料理店が掲載され、印象論などは一切なく優れた店に淡々と星がついている一種のデータブックであり、その情報の網羅性には感服させられる。個人的には、ここに紹介されている店が今後も伝統とこだわりを守っていけるのか、大いに関心がある。ただ、日本人なら別の基準に基づく評価があってしかるべきだし、フランス人の見方を知るためだけにこの値段を出すかどうかは個々の考え方でしょうが・・・。
あくまでも、東京の全てのレストランを網羅しているレストランガイド、というのではなく、観光客にとって、無難なレストランとホテルの紹介であると割り切って読めば、納得できると思います。それこそ値段や店の雰囲気だけでは、実際の味は分からないと思います。有名になってダメになった店は、過去にいくらでもありそうだから。
個人的にうなずき、苦笑してしまったのは、マンダリンオリエンタルの中華が星なしなのに、コンラッドの中華が星ひとつ。で、日本版は?費用と労力を惜しんだ簡易版でその中身もきわめてお粗末。ハズレが無く確実に良いホテルに泊まり、(安くはないけども)良いレストランで食事をしたいという人にはお奨めしちゃうんだよ。
その作成には莫大な費用と労力が投入されているのであろう。
PR

【2008/07/13 22:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
アースダイバー
アースダイバー (商品イメージ)
アースダイバー

中沢はこの「水と蛇と黄金」伝説を、貨幣経済が発達してきた時代に、「無から有を生む」資本主義の秘密を合理的に解釈しえない人々の想像力が生んだもの、と判断している。最近は東京散歩のために昭和初期や明治・大正の地図も復刻されているから、それらを持っていく人もいる(明治20年に参謀本部から刊行された地図など、江戸の名残がそこここに残っていて面白い)。
沖積低地はかって海で、洪積台地が複雑な「岬」を形成していたとの記述になっているが、海だけでなく海面より高い位置に河川が形成した堆積層も(文字はおかしいが)沖積層ですね。『アースダイバー』の中沢新一が独創的なのは、彼が戦前でも明治でも江戸でもなく、遙かに時代をさかのぼって縄文時代の東京地図を自前でつくり、それを持って歩いているところだ。
中沢新一はこの地図に現代の情報、縄文と弥生の遺跡、古墳や墓地、神社、寺などを書き込む。また、沖積低地に今も残る「野生の思考」と、洪積台地に現在も見られる資本主義的な「現代の思考」の対比を指摘したかったという筆者の心情もエピログで理解した。いま東京では何度目かの大がかりな再開発によって、六本木アークヒルズ(元の麻布谷町)に始まり六本木ヒルズや現在計画中の麻布我善坊谷(ここでも「谷」だ)のように、坂や崖下の池といった水や湿地の記憶=死の匂いを面としてまるごとつぶした、のっぺらぼうな都市化が進行している。

PR

【2008/07/13 05:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008) (商品イメージ)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008)

一覧表になっている時刻表や店舗に蛍光ペンで印を付け活用すると非常に便利なツールとなるため、沖縄ガイドブックの中では比較的完成度の高い一冊と思う。個々の観光スポットや料理店などの紹介はやや少なめにし、ホテルやダイブショップなどを後半のページに一覧表として掲載。
現時点での難点は、いくつかのショップのウェブサイトを確認したところ、既に閉鎖されているサイトがあった点と、本書に掲載されているデザインの商品がすでに売られていない店があった点。沖縄のガイドブックは大判の冊子が多いが、本書はA5版でかつ薄く、非常に持ち運びに便利だ。
離島へのアクセスとして詳細な時刻表を収載している。大きさ、厚さは持ち運びに最適で、情報量は非常に多いと思う。[セブンアンドワイ調べ]「地図、ガイド」のウィークリー売り上げランキング2008年7月7日付(毎週月曜日更新)この本が属しているジャンルのなかで、売れ行き部数の多い本のランキングです。
書評トラックバックこの商品へのトラックバックはこちらに → http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3014961*3時間毎に反映されます。各スポットの紹介文は短めで写真も小さめだが、むしろ過剰な宣伝になっていないため、行ってがっかりすることも少なそう。
PR

【2008/07/12 11:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
やえやまGUIDE BOOK
やえやまGUIDE BOOK (商品イメージ)
やえやまGUIDE BOOK

「石垣島海辺.COM」では石垣島を中心とした八重山諸島の観光、食事、土産、レンタカー、不動産情報やフリー写真、漂着物を紹介しちゃうんだよ。八重山ファン・今年八重山旅行を計画している人いつか訪れたい人・移住を考えている人絶対おすすめの一冊です。JTBのるるぶや昭文社のまっぷるなど大手ガイドブックも写真や構成がきれいだけど情報料ならやっぱり地元「南山舎」にはかないません。
[セブンアンドワイ調べ]「地図、ガイド」のウィークリー売り上げランキング2008年7月7日付(毎週月曜日更新)この本が属しているジャンルのなかで、売れ行き部数の多い本のランキングです。本自体はほとんどが2色刷なのですが、フェリーの時間などが載っていたり、事細かく情報が載っていたりと、八重山を旅するのに欠かせない1冊です。
八重山諸島を旅するにはこれ1冊で十分。中心となる石垣島をはじめ、日本最南端の波照間島、日本最西端の与那国島、西表島ほか多くの島々の「見る」「遊ぶ」「食べる」などの情報が満載。もっと読むページトップへランキングランキング一覧「地図、ガイド」のウィークリー売り上げランキング2008年7月7日付(毎週月曜日更新)この本が属しているジャンルのなかで、売れ行き部数の多い本のランキングです。

PR

【2008/07/11 17:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷) (商品イメージ)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)

屋久島への移住をお手伝いする不動産会社の社員が、日常生活のできごとや行事のこまごまを、北海道から移住した体験などをもとにお伝えしちゃうんだよ。トレッキング情報やエコツアーの紹介はもちろん、食事処や見所などの観光情報も満載。な日々 夜明けのランブラー温泉とど 山で遊ぼっ 山歩きの部屋 Outdoor Site す、すいません 自転車とアウトドアライフエドヤマらくがき帳キャンプと登山KENの近畿の山ベストキャンプ場を探して海遊び山遊び 山へ。
屋久島在住のフォトライター菊池さんの記事が、地元密着型で、中でも私のお気に入り。高画質・大画面で屋久島の風景がお楽しみいただけます島リンク屋久島ナビ屋久島の旅をサポートする、「屋久島ブック」(山と溪谷社)の公式サイトインターネット自然研究所屋久島のライブ映像お天気Web九州屋久島の天気予報と日出・日入・潮汐情報屋久島パイン屋久島の移住情報が満載。
そこであれば、確かに何度かお邪魔してるのかも?今度山でなーたんの後姿を見かけたら(笑)、お気軽にお声がけください。山好きにはもちろんのこと、普段山歩きをしない人でも見ているだけで楽しい読み物だ。なーたんも「愛子岳」や「蛇之口滝」など、随所で執筆していますので、ぜひご覧ください。

PR

【2008/07/10 23:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008) (商品イメージ)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008)

一覧表になっている時刻表や店舗に蛍光ペンで印を付け活用すると非常に便利なツールとなるため、沖縄ガイドブックの中では比較的完成度の高い一冊と思う。個々の観光スポットや料理店などの紹介はやや少なめにし、ホテルやダイブショップなどを後半のページに一覧表として掲載。
現時点での難点は、いくつかのショップのウェブサイトを確認したところ、既に閉鎖されているサイトがあった点と、本書に掲載されているデザインの商品がすでに売られていない店があった点。沖縄のガイドブックは大判の冊子が多いが、本書はA5版でかつ薄く、非常に持ち運びに便利だ。
離島へのアクセスとして詳細な時刻表を収載している。[セブンアンドワイ調べ]「地図、ガイド」のウィークリー売り上げランキング2008年7月7日付(毎週月曜日更新)この本が属しているジャンルのなかで、売れ行き部数の多い本のランキングです。大きさ、厚さは持ち運びに最適で、情報量は非常に多いと思う。
書評トラックバックこの商品へのトラックバックはこちらに → http://ping.bk1.jp/tbk.cgi/3014961*3時間毎に反映されます。各スポットの紹介文は短めで写真も小さめだが、むしろ過剰な宣伝になっていないため、行ってがっかりすることも少なそう。
PR

【2008/07/10 06:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008) (商品イメージ)
沖縄・離島情報 平成20年夏秋号 (2008)

一覧表になっている時刻表や店舗に蛍光ペンで印を付け活用すると非常に便利なツールとなるため、沖縄ガイドブックの中では比較的完成度の高い一冊と思う。個々の観光スポットや料理店などの紹介はやや少なめにし、ホテルやダイブショップなどを後半のページに一覧表として掲載。
現時点での難点は、いくつかのショップのウェブサイトを確認したところ、既に閉鎖されているサイトがあった点と、本書に掲載されているデザインの商品がすでに売られていない店があった点。沖縄のガイドブックは大判の冊子が多いが、本書はA5版でかつ薄く、非常に持ち運びに便利だ。
離島へのアクセスとして詳細な時刻表を収載している。RSS1.0RSS2.0アクセスカウンタ読者登録メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたしちゃうんだよ。[セブンアンドワイ調べ]「地図、ガイド」のウィークリー売り上げランキング2008年7月7日付(毎週月曜日更新)この本が属しているジャンルのなかで、売れ行き部数の多い本のランキングです。
大きさ、厚さは持ち運びに最適で、情報量は非常に多いと思う。1日の大半を本屋ですごす、日々本だらけの生活。各スポットの紹介文は短めで写真も小さめだが、むしろ過剰な宣伝になっていないため、行ってがっかりすることも少なそう。
PR

【2008/07/09 13:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック
島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック (商品イメージ)
島田紳助のすべらない沖縄旅行ガイドブック

」を合言葉に、クイパラ三線教室の日々を紹介する・・・はずがソレ気味の今日この頃 三線愛好家の居場所を提供するSNS「島唄三線ファンクラブ」を運営中。それ以外の方には気分転換に読むエッセイ集として職場に一冊あれば十分。書店に並ぶ何十冊もの旅のガイドブックを「下手なゴルフレッスンのプロみたいなもの」とこきおろしているが、自分の書いていることがそれらと同じ過ちを犯していることに、著者は気づいているのではないか。
前者については、旅行に持ち運ぶ荷物にならないように内容を厳選し、後者については多忙すぎる職業からそのような趣味を好むというように、良心的な解釈をすべきかもしれない。ただし、紹介文からは、普段TVでイメージしている毒舌の著者とは異なり、感性と情に豊かな人間性が窺える。
この本の内容は、沖縄渡航80回以上を誇る、なーたん、島田紳助と沖縄好きの仲間たちとの独断と偏見で構成されてますよん。通常のガイドブックには辛口の紹介文は皆無だが、本書では『沖縄の食べものはどれもギリギリ(美味いものがないということ)』など正直な感想が述べられている点で好感が持てますよね。
1時間ほどで読み終えましたが、紳助さんの「沖縄への愛情」というよりは「沖縄を愛する自分への自己陶酔」の方を強く感じました。
PR

【2008/07/08 20:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008) (商品イメージ)
MICHELIN GUIDE東京 2008 (2008)

本家は数万件の仏料理店が掲載され、印象論などは一切なく優れた店に淡々と星がついている一種のデータブックであり、その情報の網羅性には感服させられる。個人的には、ここに紹介されている店が今後も伝統とこだわりを守っていけるのか、大いに関心がある。ただ、日本人なら別の基準に基づく評価があってしかるべきだし、フランス人の見方を知るためだけにこの値段を出すかどうかは個々の考え方でしょうが・・・。
あくまでも、東京の全てのレストランを網羅しているレストランガイド、というのではなく、観光客にとって、無難なレストランとホテルの紹介であると割り切って読めば、納得できると思います。それこそ値段や店の雰囲気だけでは、実際の味は分からないと思います。有名になってダメになった店は、過去にいくらでもありそうだから。
個人的にうなずき、苦笑してしまったのは、マンダリンオリエンタルの中華が星なしなのに、コンラッドの中華が星ひとつ。ハズレが無く確実に良いホテルに泊まり、(安くはないけども)良いレストランで食事をしたいという人にはお奨めしちゃうんだよ。で、日本版は?費用と労力を惜しんだ簡易版でその中身もきわめてお粗末。
その作成には莫大な費用と労力が投入されているのであろう。
PR

【2008/07/08 03:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷) (商品イメージ)
屋久島ブック 2008 (別冊山と溪谷)

屋久島への移住をお手伝いする不動産会社の社員が、日常生活のできごとや行事のこまごまを、北海道から移住した体験などをもとにお伝えしちゃうんだよ。屋久島在住のフォトライター菊池さんの記事が、地元密着型で、中でも私のお気に入り。山好きにはもちろんのこと、普段山歩きをしない人でも見ているだけで楽しい読み物だ。
(※)Javascriptが無効になっていると、サイト内の一部機能がご利用いただけません。おすすめ商品を見るにはサインインしてください。
PR

【2008/07/07 08:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。