スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
やえやまGUIDE BOOK―南国世果報体験 (〔2006〕)
やえやまGUIDE BOOK―南国世果報体験 (〔2006〕) (商品イメージ)
やえやまGUIDE BOOK―南国世果報体験 (〔2006〕)
それに船の時刻表やサンゴ礁の危険な生物まで・・・と、膨大な情報が詰め込まれています。一冊目は、近所の本屋さんで買ったいつものガイドブック。ちょっと残念なのは、大き目の見やすいカラー地図がついていないことかなぁ…でも今年の石垣&竹富には必携です。八重山の基礎知識、島までのアクセスや時刻表、地域別おすすめスポット、各地域の詳細地図、宿泊施設リスト、バリアフリー対応施設、主な注意事項や困った時の対処法など、ビギナーからベテラン旅行者まで幅広く役立つ情報が満載。
上の商品といっしょにこちらもあわせてどうぞ。
スポンサーサイト
【2007/05/31 21:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄離島の島あそび島ごはん
沖縄離島の島あそび島ごはん (商品イメージ)
沖縄離島の島あそび島ごはん
石垣島と周りに点在する島々で体験した数々の思い出と、筆者が興味津々で体験し、食し、触れ、得た自然の恵みは、私が得た通りいっぺんの感動と全然違うのだろうな…。』などでお馴染み、石垣島在住ライターとして活躍中の今村治華さんが、今まで島で巡り会ってきたおいしいものとの出会いや体験を書き綴ったのが、この一冊。
’99年に退社しフリーライターとなってからは、全国の島々100島あまりを訪ね歩き、「島の暮らし」について執筆している。そしていま、私の台所には、与那国島の塩、石垣島の味噌、竹富島産の醤油が常備調味料として鎮座。沖縄の中で最も南に位置する八重山諸島の「おいしいもの」をめぐる、とっておきの島旅レシピを紹介。
この本には、こだわりの味噌を作っているお母さん、スクガラスのスクを一匹ずつ箸で瓶詰めするお母さん、サクッとしてふわっとした天ぷらを揚げるお母さんと、……気がつけば、お母さんがいっぱい。日本の島々の旅の企画、添乗を担当するのです。ずっと、この言葉が嫌いだったけれども、結局私は、石垣島での暮らしに“癒してもらった”のだと。
これは、もとを正せば島に降った雨。頭のなかでひっかかりを感じたことは、なんでも試みてみました。
【2007/05/30 21:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
しぶちん京都
しぶちん京都 (商品イメージ)
しぶちん京都
内容は壬生生まれの著者の幼年時代から、高校時代ごろまでの思い出と、近年の京都のルポです。今月出たばかりの新刊「しぶちん京都」はその第2弾で、やはり前巻同様に、昔の思い出(高校時代に錦小路の漬け物屋さんでバイトした話がとくに面白い)と、今現在をネタにしたものです。
うちの店でここ何年かにもっともよく売れた「京都本」は、桜風舎制作の「京の古本屋」と「京都読書空間」でしたが、そのようなガイド本を除くと、グレゴリ青山の「ナマの京都」が圧倒的に一番でした。前作(といっても続きものではないけれど)の「ナマの京都」にもあったバイト先でのいけずの話、京都ならではの地元の祭についてなど、観光気分というよりも、京都に住んだことのあるような気持ちになりました。
青山さんはもともとインドや東南アジア方面の安旅の画文本を数冊出し、そちらの方面ではけっこう有名な人でしたが、この本は京都をアジアの一都市としてローカル的かつエスニック的に書かれたたいへん面白い本でした。われわれ地元の人間は、「京都本」や雑誌の京都特集が珍しかったころはいちおう目を通しましたが、ちかごろではよほど変わった切り口のものでなければ開く気にもなりません。

【2007/05/29 21:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ナマの京都
ナマの京都 (商品イメージ)
ナマの京都
前作(といっても続きものではないけれど)の「ナマの京都」にもあったバイト先でのいけずの話、京都ならではの地元の祭についてなど、観光気分というよりも、京都に住んだことのあるような気持ちになりました。そういった一般的なガイドと比べると、グレゴリ青山の京都本『ナマの京都』は、外から見た京都の「いいところ」というよりも、作者が京都出身者である強みを生かして、むしろ日常的な京都の姿をレポートしたガイドという方向をとっている。
10冊以上買う お困りの方内容説明京都生まれの京都育ちの著者が、今まで見てきた「ナマの京都」を激白。内容説明京都生まれの京都育ちの著者が、今まで見てきた「ナマの京都」を激白。いろいろな媒体に発表した作品をまとめたということもあって、全体として話題が(学生時代の思い出話もふくめて)あっちにいったりこっちにいったりと、バラバラでまとまりにかけているのに、京都という強力な軸がそれらをひとつにまとめあげている感じ。
お茶は7月に渋谷の東急本店で買ったのですが、そこにはなかったと思います。ふつうに考えても、観光地に行って食事をしようとすれば、チェーン飲食店はさけるだろうし、特殊な事情がない限り映画館にだって入らないと思う。
【2007/05/28 19:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
京都 佳つ乃歳時記
京都 佳つ乃歳時記 (商品イメージ)
京都 佳つ乃歳時記
例えば和の小物の店、ランチを楽しめる店など、普通の人にも入りやすい店を選ぶ配慮がうれしい。 各季節毎70件もの詳細データと地図が今までと違う京都へ誘います。着物の選び方も、アンティックテイストのものもあるし、綺麗な晴れ着もあったそうですが、京の街のたたずまいにピッタリとあう感じでなんとも言えず情緒があったそうですね。
ビスクドールのように端正な顔立ちの写真が多い中で、扇選びに真剣な視線を向けた1枚は、素顔を垣間見るよう。 “食、飲、観、泊、買”すべてにおいて厳選された、大人の女性が本当に知りたい情報が満載。舞妓さんや芸妓さんを扱った書籍は多々あったそうですが、これは被写体は「京都の芸妓さん」ではなく「佳つ乃さん」といった点で他の本とは一線を画くしていると思います。
舞妓さんや芸妓さんを扱った書籍は多々あったそうですが、これは被写体は「京都の芸妓さん」ではなく「佳つ乃さん」といった点で他の本とは一線を画していると思います。京都の茶屋から、レストラン、たくさんの素敵な場所を佳つ乃さんのご案内つきで、とっても楽しいですよ。
とにもかくにも、美しい。この秋、母と京都旅行に行く折には、是非携帯したい。篠山記信さんのお写真と佳つ乃の着物姿がとっても素敵です。
【2007/05/27 06:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
街道をゆく〈24〉近江・奈良散歩
街道をゆく〈24〉近江・奈良散歩 (商品イメージ)
街道をゆく〈24〉近江・奈良散歩
大きな活字、詳細な地図、当時の雰囲気を今に伝える写真、巻ごとの索引など魅力たっぷり。寺という「空間」の特異性を見事に解き明かした好篇。奈良が大いなるまちであったのは、草木から建造物にいたるまで、それらが保たれているということですね。そのためか、自分の知っている箇所の記述もあり、非常に親近感が感じられた1冊でした。
興福寺と東大寺という二大寺院の歴史、というか両者の辿ってきた道の違いが描かれ、非常に興味深い内容となっている。琵琶湖が汚染や埋め立てから逃れて再生に向かいえたのは、なぜなのか。また、「街道をゆく」全体を通じた特徴として、登場人物にはいわゆる「大人」が多いのですが、とりわけこの1冊には、自分もこういう人になりたいと思える人が登場し、面白く読めました。
「近江散歩」と「奈良散歩」の2篇が収められている。この二つの疑問を追求することで、「近江衆」、すなわち滋賀県人の性格が解き明かされていく。近江では浅井長政と琵琶湖が語られる。 関連商品を見る:本 (14)商品の説明出版社 / 著者からの内容紹介近世の歴史の舞台、湖東平野の近江路を歩き、奈良の寺々を訪ね、仏教文化と哲学的世界を考察するのです。

【2007/05/26 15:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
るるぶラスベガス (’07)
るるぶラスベガス (’07) (商品イメージ)
るるぶラスベガス (’07)
この他、おすすめの夜景スポット、最新のエンターテイメント情報、プチプラVSセレブな遊び方指南など、詳細は本誌必見。スキンケアだけでなく、ボディケア、ヘアケア商品なども豊富に揃っている。セクシーでかわいい大人の女性をテーマに、下着だけでなく、コスメやウエア、ドレスなどが豊富に揃う。
日々の喧噪と時間を忘れ船内で癒しのひとときをPR「るるぶ」があなたのために、あなたにぴったりの旅をお届けしちゃうんだよ。店内はピンクと黒を基調とし、心地よい香りが漂う。日々の喧噪と時間を忘れ船内で癒しのひとときをPR「るるぶ」があなたのために、あなたにぴったりの旅をお届けしちゃうんだよ。
石はスワロフスキーを使うなど、素材選びとハンドメイドにこだわって作られた作品は、近未来的で斬新なものばかり。上質な贅沢空間に篭る、くつろぎと癒しの宿へPR瀬戸内グルメクルーズ。ローマの街並みをイメージしたモール内は洗練された上質の雰囲気。オーガニック素材を使用したコスメは肌にも優しく、ハーブを使っているため香りも抜群。
ダブルFをモチーフにしたズッカ柄が人気だが、新デザインも続々と登場するのです。大ブレイク中の指輪、B.zero1シリーズのバッグなど、デザインは斬新なのに気品あふれる商品が目をひく。
【2007/05/25 20:50】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
いちどは行きたい混浴温泉 関東周辺
いちどは行きたい混浴温泉 関東周辺 (商品イメージ)
いちどは行きたい混浴温泉 関東周辺
混浴・秘湯温泉首都圏発東日本編 2.極上にごり湯百選 山と溪谷社編 3.心を癒す温泉三昧全国療養の湯厳選200 飯出敏夫/〔著〕土井正和/〔著〕 4.温泉遺産源泉かけ流しの宿と歴史的建築物 野口悦男監 5.まっとうな温泉西日本初。千年余からの文化を次の時代へ伝承。まったくアカの他人である老若男女がいっしょに入浴できる混浴温泉、128湯、200軒を紹介。
まったくアカの他人である老若男女がいっしょに入浴できる西日本の混浴温泉、85湯、165軒をオールカラーで紹介。まったくアカの他人である老若男女がいっしょに入浴できる混浴温泉、128湯、200軒を紹介。まったくアカの他人である老若男女がいっしょに入浴できる混浴温泉、128湯、200軒を紹介。
ただ、それよりも気になったのは、全国的に混浴温泉が減少しているという記事。反面、温泉紹介の本としては、女性にはかなり抵抗があると思います。見ず知らずの人と、癒しの時間を共有する…これは温泉だから出来ること、では無いでしょうか。上の商品といっしょにこちらもあわせてどうぞ。
ページトップへこちらもオススメこの本をチェックした人は、こんな本もチェックしてるのかも?つい女性の写真に目がいってしまいますが、この本を買った人は、そのあたりの記事もちゃんと読んでくださいね。
【2007/05/24 20:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
京都魔界案内―出かけよう、「発見の旅」へ
京都魔界案内―出かけよう、「発見の旅」へ (商品イメージ)
京都魔界案内―出かけよう、「発見の旅」へ
貴船神社、北野天満宮、晴明神社などの有名スポットから、蜘蛛塚、蝉丸神社、老ノ坂峠といった知られざる名所まで、京都市内外の「魔界」を紹介している。魔界京都 つながり魔界京都 安倍晴明と平安京奇譚(いにしえ)安部清明と京都を中心に陰影感のある写真風景で京都を紹介、伝説が豊富な京ならではの構成の、京都案内写真集の本、ヒトの怨念の凄まじさ、魔界です。
いにしえ 清明神社もともと寂れてて、一条戻り橋は有名でしたが、目立たずで、近年、綺麗に整備されたそうで、(漫画等で知名度上がり)いってみるとこぎれいで陰陽の雰囲気はないですね。島崎丈太 二週間前、書籍収納の最後の手段として自宅のトイレの中の若干の隙間に幅105cm、高さ200cmの本棚を増設したんですが、仕舞っておいた蔵書の一部を表に出している途中で既に満杯に…そして、いにしえさんのKWのお陰で更に危機が高まりつつあったそうです。
平安神宮の大鳥居に込められた陰陽道のしかけとは?太秦の鎮守社境内にある三本足の三柱鳥居に隠された意味とは?平安京の地下は巨大な水瓶だったのです。太秦の鎮守社境内にある三本足の三柱鳥居に隠された意味とは?「芸能」は呪術だった!?冥界への入り口「六道の辻」の謎!陰陽師・安倍晴明の偉大な力を物語る数々の史跡…。

【2007/05/23 19:36】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
上京はしたけれど。
上京はしたけれど。 (商品イメージ)
上京はしたけれど。
私自身の道程を「地方出身者としての後輩」である著者が同じようにたどる姿の中に私は、肉体的には今よりずっと若く、精神的には今より遥かに幼かった以前の自分を見て、あの緊張に満ちた日々の切なく甘酸っぱい記憶を呼び覚まされたのです。服装を気にしたり節約したりバイトに励みつつ今後の事を思ったり、じんわりと親近感の沸いてくる数々のエピソード。
「地方出身者としての後輩」である著者が私自身の以前の道程をたどる姿の中に私は、肉体的には今よりずっと若く、精神的には今より遥かに幼かった以前の自分を見て、あの緊張に満ちた日々の切なく甘酸っぱい記憶を呼び覚まされたのです。上京への決心や、著者の親、家族への想いが伝わってきます。
実際,転校経験がある人って世の中の何%なんだろう?きっと10%もいってなくて,それ以外の人っていうのは進学や就職で家を出ない限り,ちゃんと自分の世界を持ってる。私は縁もゆかりもない四国で一時期を過ごして今再び東京で生活していますが、その四国の4年間も私の成長にとって大きな意味があったのかもね。
期待を胸にこれから上京を考えている弟と、それを心配している祖父母に、オススメしたいと思います。こうさぎde自己紹介BlogPetの名前の由来や、出会った日など、自己紹介のトラックバック企画です。
【2007/05/22 19:41】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
四国八十八カ所 歩き遍路のはじめ方
四国八十八カ所 歩き遍路のはじめ方 (商品イメージ)
四国八十八カ所 歩き遍路のはじめ方
歩き遍路が最初に揃えるべき装備、巡拝用品、最低限の知識や旅を続ける上でのノウハウを紹介するのです。計画の立て方、遍路用品のそろえ方、お寺での参拝の作法などをくわしく解説するのです。おすすめマップなどの情報自体は本文内にはあったそうです。ただし、筆者の方も書かれていますが、あくまで準備書なので各寺の情報や遍路マップ、観光スポットなどはほとんど載ってませんので注意が必要です。
おすすめマップなどの情報自体は本文内にはあったそうです。ただし、筆者の方も書かれていますが、あくまで準備書なので各寺の情報や遍路マップ、観光スポットなどはほとんど載ってませんので注意が必要です。お遍路に逡巡してる人には後ろから押してくれそうな気もするし、一応、テレビのほうも録画してます。
私も四国歩き遍路を始めようと思い色々な本を探していましたが、お寺の情報とかミニルートなどがメインの本が多く、私の欲しかった準備書の本が少なく、どうしようかと困っていました。職場のメンタルヘルス 3.知識の泉★話題の新書 4.純愛を叫ぼう~ハーレクイン5日刊 5.赤本全点取扱い中。
帰京後にマーケティングを主業務とした(株)コンセプトデザインを設立。これから四国八十八カ所遍路の旅に出かける、又は出かけたいと考えている人に向けた準備書。
【2007/05/21 20:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジャパニーズ・ロード
ジャパニーズ・ロード (商品イメージ)
ジャパニーズ・ロード
自分はしまなみ海道が出来た7年ぐらい前に広島の呉から原付スクーターで四国に渡り、56号線経由で桂浜まで行って、山越えで広島に帰った事があったのかもね。逆に作中に出てくるヤンキー兄ちゃんみたいなのや走り屋や暴走族みたいなのもいるので、いい人ばかりではないけど、本土よりは人との交流が多いので、そんな出会いもある旅が四国では出来ます。
おかげで今度はロングツーリング用に旅自転車を買って、7年ぶりに四国旅行に行ってみたくなりました。23歳でアジアを旅し、日本人の人間模様を作品と写真で記録。日本列島を南から北へ旅を続けた一年間の記録。日本列島を南から北へ旅を続けた1年間の記録。桂浜や、いろいろな寺が出てくるのですが、四国に旅に出たくなるんだよ。
後ろを振り向くとアジアそして、目の前には巨大な日本という列島が横たわっていた。「この国」の若者たちの言葉といくつもの表情-。「この国」の若者たちの言葉といくつもの表情。主人公とともに自分も旅しているような気持ちになり、雰囲気・風景を楽しむロードムービーだと思って見てください。
素朴で簡潔な映画ですが、映画のなんたるやをありありと実感できました。そして、目の前には巨大な日本という列島が横たわっていた。
【2007/05/20 15:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
東京の川めぐり―東京の川・全34コース
東京の川めぐり―東京の川・全34コース (商品イメージ)
東京の川めぐり―東京の川・全34コース
また、コースにしても円周状でスタート地点にも戻るというコースでは無く、往復路を計算に入れていなく、片道だけの提示コースが結構あるので、やはり輪行カバンや自動車を利用しての本格派ツーリング色が濃厚です。リバーフロント整備センターという水辺空間創造のための財団法人があり、その方達が自身の足で歩いて、東京都内の34河川を紹介している。
東京周辺という割には、東京都内(特に23区内)を取り扱ったコースは、ほとんど見当たらなく、埼玉・千葉等の近郊都道府県が多いので目的地までは輪行カバン(自転車をバラして持ち運ぶ袋)等を利用して電車や自動車利用が必須となるんだよ。世界に冠たる超一級の工芸品や書・絵画など中国美術の至宝180点を一挙掲載。
自然と親しむという点で、東京都内のコースを紹介するのは大変でしょうけど、敢えてそこを承知でショートコースでも良いので都心近辺のお気軽コースをもっと収録して欲しかったです。山形県山辺町の大蕨、千葉県鴨川市の大山千枚田など全134棚田を掲載。「やけべ池の西側の道を500mほど南へ向かうと...」,コンパスかGPSもって走るんでしょうか?池の左側の表現で十分ではないでしょうか?地図をよく見れば走れます。

【2007/05/19 19:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
お寺に泊まる京都散歩
お寺に泊まる京都散歩 (商品イメージ)
お寺に泊まる京都散歩
旅行計画をたてる際の「おきて」を紹介した上で、妙心寺で精進料理の調理法教室、知恩院の除夜の鐘体験、大津・三井寺の尼僧修行体験など、ひと味もふた味も違う旅を案内するのです。1泊5000円前後で現地の歴史や文化、料理に触れられる京都の宿坊(寺院に併設された宿舎)の楽しみ方を、元雑誌編集長の女性が、一人旅の経験を基に紹介している。
各寺の精進料理の特徴や寺を起点にした散策コースに関する紀行文を収録している。お寺と仏像好きな著者が、リーズナブルでひとりでも気軽に泊まれる京都の宿としてすすめるのが、寺の宿泊施設、宿坊。この本は、お寺の宿坊に泊まって、坐禅、尼僧コスプレなどのプチ修行を体験し、京都の歴史、文化を眺めながら周辺を散歩する楽しさなどをお伝えする、ディープな京都旅のネタ本です。
元雑誌編集者で仏教文化研究者の著書が、萬福寺や知恩院などの宿坊を備えた寺を紹介。本の詳細を見る→88008-338-0 C0026生活、文化、女性 お寺に泊まる京都散歩 吉田さらさ著 46判/240頁/並製 本体1700円(税別) ISBN4-88008-338-0 C0026 寺旅(てらたび)&仏教文化研究家の著者が「和の癒し」の京都旅の極意をお伝えするのです。
さらには、あなたを集中的に守ってくれる仏像の探し方、その仏像へ向けての秘密の呪文の唱え方まで教えてくれる、今までにない視点の京都本。
【2007/05/18 19:29】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
消えた赤線放浪記 その色町の今は……
消えた赤線放浪記 その色町の今は…… (商品イメージ)
消えた赤線放浪記 その色町の今は……
昭和33年の廃止後、アパートや旅館、町工場などに姿を変えて余生を送ってきたそれらの建物も、半世紀が経過し風化が進む。赤線の廃止から40年以上の時が経ち、都市の再開発や建物自体の風化が進むなかで、それら消えゆく町並みと建築物を記録した写真を多数掲載した本書は、まさしく貴重な紀行写文集に仕上がっています。
時代の流れとともに現在は旅館やアパートなどに用途を変えて生き残ってきたそれらの建物も、危機的な状況を迎えています。吉原のようにソープランド街として、当時さながらの雰囲気をかもし出している街もある一方、鳩の街や玉乃井のように、過去を捨て去ったかのように、静かな住宅街となっている赤線跡もあったそうです。
戦前の遊郭や戦後の赤線地帯の名残を留める日本全国の盛り場を訪ねて歩き、以前栄華を誇った各色町の歴史や成り立ちを丹念に解説しながら、現在は飲み屋街や風俗街、旅館やアパートなどに姿を変えている今の様子を綿々と綴った異色の探訪記です。そこでは鮮やかなタイルと色ガラス、入口にホールのある独特の様式が生まれ、カフェー調の店が全国の盛り場で流行した。
ソープ、ヘルスと気軽な性風俗が表通りで堂々と営業している時代にもかかわらず、表向きは旅館やスナックとして営業しているこれらの店で綿々と当時と同じサービスが供給され、また、それを求める人達がいることに不思議な嬉しさを感じます。
【2007/05/17 19:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
街道をゆく〈36〉本所深川散歩・神田界隈
街道をゆく〈36〉本所深川散歩・神田界隈 (商品イメージ)
街道をゆく〈36〉本所深川散歩・神田界隈
江戸の境界線とも言うべきやや特殊な位置にある本郷の歴史をひもときつつ、水戸黄門から近藤重蔵、最上徳内ら江戸期に活躍した人々から夏目漱石、森鴎外、樋口一葉ら明治期の文豪たちまで、本郷にゆかりのある人物が多数登場し、司馬遼太郎独特の語り口での解説によって知識を深められます。
特に、当時の李登輝総統と対談(「場所の悲哀」)し、李登輝が、総統就任後初めて台湾の本土化政策に言及すれば、司馬は両岸問題に対する中国の姿勢を批判した。本郷は近代化を急ぐ当時の日本で、欧米文明を一手に受け入れ地方へ分ける“配電盤”の役を担った。また、表題に現れているとおり、街道・みちに視点を傾けることで、交通という視点から、日本そして世界の歴史を展望するのが、この紀行集の特徴ですね。
確かに江戸落語の吉つぁん八つぁん熊さん、半公に源坊、本所の叔父さんといったような人情に厚い人びとの故郷だが、ある時期からは宅地と鉄筋の橋があるばかりのありふれた「東京」ですね。街道をゆくは、日本国内ばかりでなくアイルランド・オランダ・アメリカ・モンゴル・中国・韓国・台湾などの各地を訪ねた旅行記であり、その地の歴史・地理・人物に焦点をあてることで、司馬独自の歴史や文化に対する視点を読者に投げかけている。

【2007/05/16 22:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
樋口可南子のものものがたり
樋口可南子のものものがたり (商品イメージ)
樋口可南子のものものがたり
続いて暮らしの中の道具や、器、こだわりのお出し、京野菜、四季折々の京都の自然や風物などを次々と訪ねていく。糸井重里がタバコを持つ風景も、宮沢りえがまとうあでやかな着物姿(彼女との往復書簡も公開されてますよん。贅沢とはいえ、豪華絢爛な途方もないお値段のきものと違って地に足のついた身近さもありんりんから・・。
もちろん可南子さんのようにこんな贅沢なきものたちを着ることは出来ませんが、きものコーディネイトのヒントや、次に買うきものや小物の指南が満載なのです。きものまわりのタイトル通り、樋口可南子さんの凛としたきもの姿のみならず、書・染物・草履等、それを取り巻く日本文化と伝統が紹介されているといってもよいでしょう。
着物好きにも、そうでない方にもお勧めの、優雅で上質な時間に浸れる、何度も開きたくなる一冊です。)けれど、そういった一見地味なきものたちが、帯や小物との組み合わせによって、さらに樋口可南子という最高にきものの似合う女性が袖をとおすことによってより強く、その美しさや魅力を見るものに訴えかけてくるのです。
10冊以上買う お困りの方内容説明大好きな街・京都とその周辺を訪ねて出逢い、樋口可南子を魅了した、もの、ひと、自然。
【2007/05/15 19:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
東京を江戸の古地図で歩く本
東京を江戸の古地図で歩く本 (商品イメージ)
東京を江戸の古地図で歩く本
江戸の町や風習、生活の説明も充実していて、小説や時代劇で有名な場所が、実際にどこにあるか、リアルに伝わります。コラムポケットに一冊東京を江戸の古地図で歩く本カンパニー近くの行きつけの書店・紀伊国屋大手町店で、「売れてます」とのポップとともに、この文庫が平積みになっていた。
「日比谷公園は漁場だった」「原宿に残る江戸情緒」「武士の内職から盛んになった朝顔市」「赤穂浪士の墓はなぜ泉岳寺?」「京都や静岡にもあった銀座」などの話が80編ちょっと載っている。渋谷の道玄坂は、鎌倉時代に「道玄」という追いはぎがいたところからついた名前という説にはビックリ。
江戸時代のガイドブックを元に行く名所めぐりや、伝統の味を守りつづける名店紹介など、情緒ある食・買・遊を提供するのです。江戸時代の古い地図の展示即売をデパートで見たことがあるがそういう古い地図の一部が載っていて(どの地図もほぼ文庫本の右か左、1ページの半分の大きさ)たまにその下に現在の○○区△△付近、の地図があったりする程度。
江戸時代の地図を持って、東京を歩き回る事で以前の江戸からの変貌ぶりを思い知ったり、逆に江戸の面影を残しているものを探す…そんな本です。
【2007/05/14 18:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
利尻・礼文自然観察ガイド
利尻・礼文自然観察ガイド (商品イメージ)
利尻・礼文自然観察ガイド
その山岳自然美の魅力や、240種にも及ぶ多彩な高山植物、ヒグマ・エゾシカ・ナキウサギ・高山蝶などの野生動物などを紹介。広大な丘、火山、海岸草原、湿原、原生林、海などに生息する花や動物、おすすめの自然観察コースなどを紹介するのです。それぞれの特徴や魅力を、海鳥の観察、昆布の生態など様々な角度から紹介。
杣田さんと宮本さんの共著『礼文花の島花の道』『利尻山の島花の道』『サロベツ花原野花の道』の三部作は、北海道新聞社刊の本で最も売れている本の一つらしいけど、これでついに全国の書店にこの本が売られるということ。知人の杣田さんと写真家の宮本さん、それに利尻博物館の学芸員の佐藤さんとの共著。
昔、アウトドア雑誌のコピーで、「旅に出なくても詰めるだけで楽しいパッキング」という笑える文字が表紙に踊っていたけど、これは、本当に島にこなくても「読むだけで楽しい」こと請け合いです。生態学、昆虫学を専攻し、大雪山の自然探求をライフワークにするのです。コラムでは、厳しい環境で咲く花の知恵などを詳しく解説している。
隣接していても地形、植生の違いが顕著な両島。学校企画特集42007統一地方選地域の取材網企画特集新レッツノート:メモリ最大2GB+Core2Duo搭載大手8社の新築マンション:住環境重視の物件マンションナビ:掲載件数が大幅アップ。
【2007/05/13 21:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
京都小旅行―腕ききコンシェルジェのネタ帳
京都小旅行―腕ききコンシェルジェのネタ帳 (商品イメージ)
京都小旅行―腕ききコンシェルジェのネタ帳
京都ビギナーの方も、京都ツウの方も1冊持っていると、行動の幅がグンと広がりますよ。たとえば「イマいちばんアツい京都といったらどこですか?」とか「京都でしか買えないものは?」「おいしい穴場は?」「お寺の楽しみ方」などなど、みなさんの旅を楽しくする情報が盛りだくさん。
とっておきのお店と場所をご紹介させていただきます。
【2007/05/12 08:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
うわさの神仏〈其ノ2〉あやし紀行
うわさの神仏〈其ノ2〉あやし紀行 (商品イメージ)
うわさの神仏〈其ノ2〉あやし紀行
今回、著者は青森県は恐山から、神様大集合の神在月の出雲、一般常識で括っちゃいけないと思わせる沖縄古来の宗教、そして海を越え台湾は台北までご出向。第一部は、古事記の神々から七福神、鬼・妖怪までを大胆不敵に爼上に載せた、神仏・オカルトうわさ話。妖怪とはちょっと親しくなりたい」自他ともに認めるミーハー・オカルトオタクの著者が、北は東北、南は沖縄・台北まで、謎と不思議を求めて、数々の「聖地」に出発。
パート1よりもさらにパワーアップした突撃精神、無謀ともいえる行動力!果たして道中はドジとトホホの連続、よくぞ無事に戻って来た…。作者の珍道中記を読むつもりでないと不満しかないです。どういう人に適しているかというと、喫茶店で人待ちをしていて、ココアを飲みながら手持ちぶさたにしているのも格好悪いので、何か頭を使わずに読める本が無いかと探している方、そんなあなたにお勧めです。
読めばあなたも神や仏と仲良しに!怖くて笑える、超異色エッセイ。まだ、オカルトHPを経営している人のレポートのほうが自分なりの解釈とか色々情報があって良いです。二部構成になっていて、第二部の内容は、著者が実際に訪れた社寺のホラースポットを中心に構成されていますが、随所にギャクが盛り込まれているため全く恐怖心は沸いてきません。

【2007/05/11 21:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
列島縦断鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破 秋編 絵日記でめぐる34日間
列島縦断鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破 秋編 絵日記でめぐる34日間 (商品イメージ)
列島縦断鉄道乗りつくしの旅 JR20000km全線走破 秋編 絵日記でめぐる34日間
2006年10月19日の「ニッポン旅×旅ショー」で、峠駅の力餅を紹介する際、関口知宏が当番組で立ち寄ったときの写真が紹介され、父の関口宏がこの番組に言及する場面が見られた。さらに05年「列島縦断鉄道乗りつくしの旅JR20000km全線走破」では、春編・秋編の二回に分けて「最長片道切符の旅」で乗り残したJR線の区間をすべて走り、ついにJR全線走破という偉業を達成した。
04年には、NHK・BSハイビジョン番組「列島縦断鉄道12000km最長片道切符の旅」で、JR線の一筆書き・最長ルートで日本列島を縦断するという“最長片道切符の旅”に挑戦、43日間をかけて全国を旅した。しかし2007年の関口知宏の中国鉄道大紀行 ~最長片道ルート36000kmをゆく~は、約1カ月間、街道てくてく旅と同時に放送される)完乗終着駅時刻表2万キロ - 宮脇俊三の処女作。
2005年10月21日の三厩駅からの中継において本番前に当駅の“旅の思い出ノート”に書いた内容が拡大コピーされ、現在改札口左側に展示されてますよん。又「秋編」は同年9月26日に再び「春編」の終着駅・九頭竜湖駅から出発し11月3日に北海道・根室駅に到着した(BSハイビジョンでは根室駅到着の瞬間が生中継で放送された)。

【2007/05/10 19:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
列島縦断JR20000kmの旅 鉄道乗りつくしの旅 絵日記(春編)
列島縦断JR20000kmの旅 鉄道乗りつくしの旅 絵日記(春編) (商品イメージ)
列島縦断JR20000kmの旅 鉄道乗りつくしの旅 絵日記(春編)
前回の一筆書きの旅、後半の秋編もこれと同様の編成。俳優として活躍するも、04年からは、NHK『列島縦断鉄道12000km』『列島縦断鉄道乗りつくしの旅JR20000km全線走破』に出演し、大きな反響を呼ぶ。水曜どうでしょう♪北海道の旅水曜どうでしょう♪ジャングル水曜どうでしょう♪オーストラリア大陸縦断西原理恵子の旅「世界の車窓から」な旅青春18キップの旅SLに乗る旅ピーターラビットの世界へ。
福井県九頭竜湖から北海道根室駅を目指した旅人・関口知宏が、34日間を綴った旅の絵日記を完全公開。北陸から東北、そして北海道…美しい秋の風景や心温まる人々との出会いを重ねながら、ついに最終ゴールの根室駅へ。その35日間の旅の中で出会った人々や心に残る出来事を綴った絵日記を、未公開写真やエピソード満載で贈る!「究極の旅の記録」が再びここに。
伊勢の魅力大人に人気♪南紀白浜やっぱり京都が落ち着く鹿に会いに奈良へ。オンエアスケジュール情報三桂オンエアスケジュール情報※オンエア・スケジュール情報の放送局及び放送時刻等は変更になる可能性があったそうです。「乗りつくし」の旅人はもちろん、前回「最長片道切符の旅」を成し遂げた関口知宏。

【2007/05/09 21:05】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
埼玉・千葉自転車散歩
埼玉・千葉自転車散歩 (商品イメージ)
埼玉・千葉自転車散歩
また、コースにしても円周状でスタート地点にも戻るというコースでは無く、往復路を計算に入れていなく、片道だけの提示コースが結構あるので、やはり輪行カバンや自動車を利用しての本格派ツーリング色が濃厚です。(自転車では延々と続く上り坂や狭くて交通量の多い道は願い下げです)自転車散歩シリーズは自転車向けに作られているだけあって、坂や交通量の5段階評価があったり、高低差がグラフ化されていたりして良さげです。
東京周辺という割には、東京都内(特に23区内)を取り扱ったコースは、ほとんど見当たらなく、埼玉・千葉等の近郊都道府県が多いので目的地までは輪行カバン(自転車をバラして持ち運ぶ袋)等を利用して電車や自動車利用が必須となるんだよ。自然と親しむという点で、東京都内のコースを紹介するのは大変でしょうけど、敢えてそこを承知でショートコースでも良いので都心近辺のお気軽コースをもっと収録して欲しかったです。
「やけべ池の西側の道を500mほど南へ向かうと...」,コンパスかGPSもって走るんでしょうか?池の左側の表現で十分ではないでしょうか?地図をよく見れば走れます。オートバイ用の地図はツーリングマップルなど結構たくさん出ていますが、ガソリンエンジンとヒューマンエンジンの特性差もあってあまり自転車向きではなかったそうです。

【2007/05/09 00:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
トウキョウ今昔1966・2006
トウキョウ今昔1966・2006 (商品イメージ)
トウキョウ今昔1966・2006
この商品もおすすめ北へ郷愁列車の旅ページをめくると、旅が始まる。それから四〇年、団塊ジャネレーションのチョートクは万歩計をつけて、現代のトウキョウを撮り歩く。お盆期間に伴う出版社休業の影響で、通常より出荷の遅れる場合がございます。一九六六年、当時「天才写真少年」と呼ばれた一九歳のチョートクがトウキョウを撮り歩いた。
書店受け取りご指定の場合は、新年1/7以降の出荷となるんだよ。過去と現在を対比させ、懐かしさと新鮮さを展開するのです。商品説明1966年、当時「天才写真少年」と呼ばれた19歳のチョートクがトウキョウを撮り歩いた。
【2007/05/08 22:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
大阪・神戸周辺自転車散歩
大阪・神戸周辺自転車散歩 (商品イメージ)
大阪・神戸周辺自転車散歩
大阪、読売、朝日、日経、京都新開などに連載記事を執筆、NHKテレビ「おしゃれ工房」講師を担当するなど、普及活動にも力を注ぐ。自転車のパンク修理の方法や、ダイエットに自転車を利用するなども記載されてるんで、初心者にも優しい本です。歴史遺産から島の周遊、川の文化もたっぷりの24のコースを精密地図とともにガイドしちゃうんだよ。
その後もアジア各地やアフリカ、中東などに轍を残す。窓の外の風景はあっという間に通りすぎ、家々の様子や小さな看板、公園の風景などに目を留めることが少なくなってしまい、なんだか大事なモノを見直してみたくなりましたよん。商都・大阪とミナト街・神戸の魅力を探検し、古墳や城などの歴史遺産をめぐる。
そして、異国情緒たっぷりのミナト街・神戸では海と坂、新しい街並みの中の探検もまた魅力的です。主宰する自転車ツアー、やまみちアドベンチャー(http://www.yamamichi.jp)では、MTBツアーや、都心の魅力を再発見する東京シティライド、フィットネスライドなどで、自らガイドしている。
大学サイクリングクラブへの入部をきっかけにサイクリングを始め、日本のあちこちを走行。自転車、またはね徒歩でこの本に紹介されてているコース、またはね多少コースをそれて、カメラでも持ってゆっくりと自分の街を見直してみようと思う。
【2007/05/07 20:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
極みの京都
極みの京都 (商品イメージ)
極みの京都
「週刊現代」(講談社)にて、京都の食文化を辿るグラフ「ゴハンの目」、「季刊陶磁郎」(双葉社)にて、器と食を辿る物語「心に残るひと皿」を連載中。京都人にありがちな(?)薀蓄口調は、少し気になるんだよが、ガイドブック的な京都旅行に食傷気味の方にお奨めの1冊です。
ご本人が、町屋等のブームに乗せられた京都観光に批判的なだけあって、紹介されている名所や食べ物屋は、どのガイドブックにも紹介されている有名所ではなく、京都人が、日常使用しており、その結果、値段や混雑度でも行きやすい名所になっているのが嬉しいところでしょうか。
生粋の京都人であることから京都関連の、更には生来の旅好きから、旅紀行のエッセイを執筆。何故これほどまでに京都に人気が集まるのか、そしてそれが一時のブームにとどまることなく、何故ここまで持続出来るのか、その謎を検証しつつ、そんな京都の魅力をいかに味わい尽くすか、ということを提案してみたい。
「京都を極める」の第一章に続く二~七章は、全て「京都の○○(○○の京都)を極める」という章名になっており、各々、「流儀」「心」「普通」「特別」「食」「名所」が紹介されています。思い出の地への感傷旅行、船旅、自転車、クルマ、温泉、旅館、グルメ、居酒屋、何でもよい。

【2007/05/06 20:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄スタイルmagazine 16―南の島の楽園生活マガジン (16)
沖縄スタイルmagazine 16―南の島の楽園生活マガジン (16) (商品イメージ)
沖縄スタイルmagazine 16―南の島の楽園生活マガジン (16)
今回の特集では、世界中を旅して回った写真家の三好和義さんおススメの極上の宿やハワイ好きの沖縄通が選ぶ絶景コンドミニアム、口コミで評判のランチバイキング、沖縄流のアンチエイジングなど、今沖縄各地に登場しているユニークな宿をはじめ、沖縄HOTELの最新事情を大特集。
江戸時代のガイドブックを元に行く名所めぐりや、伝統の味を守りつづける名店紹介など、情緒ある食・買・遊を提供するのです。パックツアーを利用する代わりに、自分達で好きな宿を選び、オリジナルの旅を楽しむ人たちが増えたのがその理由。その根源に秘められた悲しく美しい島民の魂を、画家の眼と詩人の直感で見事に把えた、毎日出版文化賞受賞の名著。
何故これほどまでに京都に人気が集まるのか、そしてそれが一時のブームにとどまることなく、何故ここまで持続出来るのか、その謎を検証しつつ、そんな京都の魅力をいかに味わい尽くすか、ということを提案してみたい。一軒目に行きたい名店、二軒目に立ち寄りたいおススメ店、三軒目にとっておきたいスペシャル店というハシゴ酒コースを紹介しちゃうんだよ。
沖縄キッチンスペシャルは、那覇・北谷・名護の「一人でも行ける」がキーワードの酒場。
【2007/05/05 20:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
るるぶこどもと行く沖縄
るるぶこどもと行く沖縄 (商品イメージ)
るるぶこどもと行く沖縄
日々の喧噪と時間を忘れ船内で癒しのひとときをPR「るるぶ」があなたのために、あなたにぴったりの旅をお届けしちゃうんだよ。山の頂上にあり本島の3分の2を一望できる。暑さ対策など初めての沖縄旅行のための実用アドバイスも。上質な贅沢空間に篭る、くつろぎと癒しの宿へPR瀬戸内グルメクルーズ。

【2007/05/04 20:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
好きです!小笠原
好きです!小笠原 (商品イメージ)
好きです!小笠原
1945年、「的場末勇少将と立花芳夫少将は撃ち落とされて捕虜となっていた米兵パイロット8人を処刑し、解体し、その肉を料理して宴会で食べた」。立花は敗戦時の父島第109師団長だったそうですが、小笠原のこの日本軍の武装解除は同年8月18日、降伏の調印は9月3日。
東京から船旅で25時間、太平洋上の南の孤島・小笠原での面白ユニーク体験&極楽島情報が満載。映画情報12/9 映画「硫黄島からの手紙」 全国松竹・東急系にてロードショーリンク集 最新情報小笠原諸島への旅。US-1A改の映像 飛行艇が代替わりして新しくなるそうで、本日、父島の二見湾でその試験飛行が行われました。
小笠原 日本の離島を体験エッセイ、イラスト、写真で紹介していく、読む・離島ガイド/ニッポン楽楽島めぐりシリーズの第1弾。硫黄島への関心が高まっている今こそ公開すべきと思い、3時間強の素材を簡単に編集し、9つのファイルに分けました。誰もがハマる極上の海物語、美食案内からステイ計画まで、エッセイ・イラスト・写真で紹介。
言語学者のダニエル・ロングが編者であるだけに、「小笠原ことばミニ辞典」は非常に興味深いセクションでした。例年ですと1月の終わり頃から2月にかけて咲きますが、今年は少し遅れているようで、樹にはまだ蕾がたくさんあったのかもねね。
【2007/05/04 12:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。