スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック
伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック (商品イメージ)
伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック
お伊勢さんのルーツを訪ねよう倭姫宮を中心に、倉田山散歩御神楽をあげよう今こそ神宮の心と知恵に学ぼう。由緒ある歴史の道、女性にゆかりある裏参道も紹介してくれており、女性にゆかりある月の神様「月夜見宮へも行ってみよう」とのこと。書籍紹介伊勢の町に、御木曳の木遣り稽古の声が響く平成十八年春に本の企画が決まり、「神宮大好きな人、この指とまれ」で集まったメンバーでつくった本です。
伊勢の町に、御木曳の木遣り稽古の声が響く平成十八年春に本の企画が決まり、「神宮大好きな人、この指とまれ」で集まったメンバーでつくった本です。悩んだら、神社に心を預けよう神に願いが通じる祈り方これだけは知っておきたい「伊勢神宮」知っておくと便利。中身は、ガイドブック的な内容にとどまらず、伊勢神宮の歴史・文化、歳時記、参拝の仕方まで入っていて、写真も素晴らしく、一冊の読み物としても十分読み応えがあったそうです。
神に祈りが通じる祈り方、伊勢神宮キーワード、外宮・内宮MAP、伊勢歳時記など、ひとり歩きを楽しくする情報が満載。写真も綺麗だし、おかげ横町の事も書いてあるし、とても重宝する一冊です。神に祈りが通じる祈り方、伊勢神宮キーワード、外宮・内宮MAP、伊勢歳時記など、ひとり歩きを楽しくする情報が満載。

スポンサーサイト
【2007/03/31 22:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
自由に至る旅―オートバイの魅力・野宿の愉しみ
自由に至る旅―オートバイの魅力・野宿の愉しみ (商品イメージ)
自由に至る旅―オートバイの魅力・野宿の愉しみ
第1章オートバイとの出会い;第2章北海道への旅;第3章基本は野宿;第4章本州~九州;第5章旅の心得[出版社商品紹介]オートバイで野宿旅を、長い間続けている人気作家が書く、初の指南書。オートバイについての文章なんだけど、機械とかの話は出てこなくて「オートバイに乗るということは、一種の生きかただ」というくらいの勢い。
さらに、著者自身のユニークなエピソードも交えつつ、自然の呼吸を皮膚で感じる素晴らしさ、速度の持つ超越的な力など、自由な旅に出ることの本質を論じていく。てゆうわけで、バイクに興味がなくても「花村萬月」という人に興味がある人、そして「どうして俺には、俺だけの倫理とか道徳とかがないんだ」とか悩んでみたりなんかする人にもおすすめかも。
さらに、著者自身のユニークなエピソードも交えつつ、自然の呼吸を皮膚で感じる素晴らしさ、速度の持つ超越的な力など、自由な旅に出ることの本質を論じていく。そんな合理性、という呪縛から自らを切り離すのに有効な手段としての「オートバイ」についてのさまざまな考察がなされてますよん。
オートバイには最小限の荷物しか載らないが、それゆえに自由をどこまでも貫けるエネルギーが凝縮されるのではないか。
【2007/03/30 21:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
沖縄文化論―忘れられた日本
沖縄文化論―忘れられた日本 (商品イメージ)
沖縄文化論―忘れられた日本
あとがきを読んで知ったが岡本太郎はソルボンヌ大学で民俗学を専攻していて比較文化の下地があり、その論理的な手法の上に彼の感覚を実践的に織り込んでいくのだから面白い。その時岡本さんが何に感動し何に興奮したのかという視線を読み取るのが重要な写真集なんだとオレなんかは思いましたが、沖縄在住のタマさんはまた別の意味で発見があったんではないでしょうか。
司馬遼太郎の「街道をゆく沖縄・先島編」が、日本という枠組みで沖縄を捉えようとし捉えきれないのにたいし岡本太郎は逆に沖縄から、”日本”の枠組みを、”文化”の定義を捉えなおそうとするのです。とまで納得させられる程~~ではないけれど「沖縄は日本と東南アジアの真ん中くらい」の感想しか言えない自分にとっては斬新な発想で沖縄と日本の関係をもっと深いところから紐解いていくための入門書には最適かも。
柳田國男、折口信夫、島尾敏雄など南島に関心を寄せ、そこから影響を受けた文学者、研究家は数多いが、沖縄への旅を通じてその印象をこれほど鮮烈に描き出した書物を他に知らない。 詳細メタローグ柳田國男、折口信夫、島尾敏雄など南島に関心を寄せ、そこから影響を受けた文学者、研究家は数多いが、沖縄への旅を通じてその印象をこれほど鮮烈に描き出した書物を他に知らない。

【2007/03/29 22:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
アースダイバー
アースダイバー (商品イメージ)
アースダイバー
中沢はこの「水と蛇と黄金」伝説を、貨幣経済が発達してきた時代に、「無から有を生む」資本主義の秘密を合理的に解釈しえない人々の想像力が生んだもの、と判断している。最近は東京散歩のために昭和初期や明治・大正の地図も復刻されているから、それらを持っていく人もいる(明治20年に参謀本部から刊行された地図など、江戸の名残がそこここに残っていて面白い)。
『アースダイバー』の中沢新一が独創的なのは、彼が戦前でも明治でも江戸でもなく、遙かに時代をさかのぼって縄文時代の東京地図を自前でつくり、それを持って歩いているところですね。「対称性人類学」で小林秀雄賞、「フィロソフィア・ヤポニカ」で伊藤整賞、「森のバロック」で読売文学賞、「哲学の東北」で斎藤緑雨賞受賞。
新宿の起源伝説、東京タワー内の怪しさ…多くの謎が著者流の解釈にまとめられていく様はなかなか圧巻。中沢新一はこの地図に現代の情報、縄文と弥生の遺跡、古墳や墓地、神社、寺などを書き込む。いま東京では何度目かの大がかりな再開発によって、六本木アークヒルズ(元の麻布谷町)に始まり六本木ヒルズや現在計画中の麻布我善坊谷(ここでも「谷」だ)のように、坂や崖下の池といった水や湿地の記憶=死の匂いを面としてまるごとつぶした、のっぺらぼうな都市化が進行している。

【2007/03/28 22:18】 | 未分類 | トラックバック(2) | コメント(0)
京都でのんびり―私の好きな散歩みち
京都でのんびり―私の好きな散歩みち (商品イメージ)
京都でのんびり―私の好きな散歩みち
子どもの頃の思い出話や暮らしに密着した雰囲気のコラムと、神社・お寺などなどのみどころ、それぞれのエリアの著者お気に入りのお店などなどをイラストと文章で紹介。おさんぽ つながり京都のおさんぽパノラマではんなり(いにしえ)横版をいかして見開きで横に長ーい街の写真で京の通りや町角を案内してくれます、地図と写真集とお店案内。
京の通りつながり京都のみちつながり通り名の唄(ラムレーズン)京都の場所の説明をしてもらうとき、必ず言われるのが「京都の道は碁盤の目になってるから、カンタン、カンタン」。そこここに平安以来1200年に及ぶの魔の話・古跡・名勝?とまさに魔の宝庫?そんな霊的空間案内本、因縁のない社寺は無し、それを知っての観光を。
平成大合併日本新地...BODY驚異の人...にっぽん妖怪地図...moreいにしえ京都を楽しむ1古都といえば京都、平安の昔より都として栄えた町。有名な観光地、ちょこっとはずれた路地、普段著者がお買い物しているお店やお菓子屋さんなどのお店情報も…私が知っているお店やガイドブックにあまり載らない場所も紹介されていたりしてわくわくしながらページをめくりました。
下鴨、出町、百万遍、哲学の道、北野、西陣、東山、祇園、寺町の9エリアをイラストで紹介。
【2007/03/27 21:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
江戸散歩・東京散歩―切り絵図・古地図で楽しむ、最新東京地図で歩く100の町と道
江戸散歩・東京散歩―切り絵図・古地図で楽しむ、最新東京地図で歩く100の町と道 (商品イメージ)
江戸散歩・東京散歩―切り絵図・古地図で楽しむ、最新東京地図で歩く100の町と道
江戸の町や風習、生活の説明も充実していて、小説や時代劇で有名な場所が、実際にどこにあるか、リアルに伝わります。本を片手に街を歩くと、いままで気にも留めなかった交差点や道のカーブさえ、江戸時代のままであることに気が付いた。細かく見ているうちに、ここが江戸のどの辺にあたるのかわからなくなるので全体との関連が気になって仕方がないのです。
愛しの巻き髪、徹底レッスン“女力”を開花させる30時間頼れるナビでスマートドライブ気品あるオープン4シーターセレブが愉しむ贅沢な誘惑マルチメディア“ナビ”の魅力集合住宅を探せ。江戸時代のガイドブックを元に行く名所めぐりや、伝統の味を守りつづける名店紹介など、情緒ある食・買・遊を提供するのです。
電車の路線図を見ても「あの駅近辺には昔、○○があった」など思いを馳せて楽しめます。春のオススメ夜桜情報2早咲きの桜を求めて高田馬場~早稲田散歩3ホワイトデーに"キレイ体験"をプレゼントAll About人気記事ランキングチャネル人気記事ランキング1今年は早い。江戸開府から400年、建物の多くは失われたものの、道路の位置などは昔のまま残っているのですね。
ここまできたら、古地図をコンピュータ処理して加工のうえ、トレース紙か何かに現代地図を印刷して、その上に重ねていただけないでしょうか。
【2007/03/26 22:25】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0)
スーパーマップル関東道路地図
スーパーマップル関東道路地図 (商品イメージ)
スーパーマップル関東道路地図
信号機・交差点名はもとより交通規制や、道路沿いのガソリンスタンド・コンビニ・歩道橋などの新情報を網羅し、 街角の様子をそっくり再現。情報の密集度に応じて縮尺を変えてあるので、この一冊であなたの現在地は確実にわかり、初めての道でも不安は解消。クルマ利用に最適な1:30,000の縮尺でそれぞれの地域の全域を明快に、1:100,000広域図では各地方をカバーしてるのかも?
多彩な縮尺を用途によって使い分けることで、様々な利用シーンに対応することが可能な、ビジネス&レジャーのオールラウンドマップは、ドライバーの支持により1991年の発売以来、おかげさまでシリーズ累計1600万部以上出版されています。一般ドライバーからプロドライバーまで誰もが使いやすい、全ドライバー必携の定番道路地図です。
携帯サイトから様々なガイド情報を入手することができ、ビジネスからレジャーまで、どんな場面でも使える便利な一冊です。プロから免許取りたての方まで、助手席に置いて間違いなし。これらの地域では23区内と変わらない密度で細い通りがあるので、3万分の1では役に立たないのです。
見やすい色と縮尺で、道路を鮮やかに表現。ビジネスからレジャーまで、どんな場面でも使える便利な一冊となりました。
【2007/03/25 21:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
日本はじっこ自滅旅
日本はじっこ自滅旅 (商品イメージ)
日本はじっこ自滅旅
希望の光はどこにある?厳冬期能登めぐり、奈良・南紀・断酒の旅など、日本全国をめぐる壮絶な男の旅。 詳細出版社 / 著者からの内容紹介死んでやろうか 北の半島、南の島……酒で身体を壊しに行くのが目的みたいにさすらって、吐血、離婚に鬱、吐血。書籍紹介北の半島、南の島…酒で身体を壊しに行くのが目的みたいにさすらって、吐血、離婚に鬱、吐血。
北の半島、南の島…酒で身体を壊しに行くのが目的みたいにさすらって、吐血、離婚に鬱、吐血。作者の現在の体験(ずっと読者であった方はおわかりだと思いますが、離婚闘病等)が、作品に品格すら備わせたように思います。 北の半島、南の島……酒で身体を壊しに行くのが目的みたいにさすらって、吐血、離婚に鬱、吐血。
離婚後の彼の破滅的とも言える破天荒な生き方。流れ流れて彼はどこへ行くのか?しがらみを打っ棄って、自身の稼ぎもあるだろうけれど、スポンサーがいて、タクシーを使って、あれこれ食べて行き当たりばったり出とまってって旅のできる身分を正直羨ましいと思う。初めての方も、日本各地の辺境(はじっこ)をさまよいながら、世界を感じ、生死を考え、家族や愛した元奥さんの姿を偲ぶ作者へ、エールを送りたくなると思います。

【2007/03/24 23:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
国内旅行の旅


国内旅行に旅立ちたくないですか?

プロフィール

旅行大好き

Author:旅行大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。